スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

和田秀樹 自分の考えを「5分でまとめ」「3分で伝える」



今回は第5章から終わりまでのまとめと感想です。

前回は、相手の話したいこと求めてること自分に出来ることを自分の頭でまとめてから返事をすること。
まとめる為の情報として、いつ、どこで、誰が、何を、どういう目的で、どうのように、どうした、を仕入れること。
更に、数字やデータなどの具体的な情報があると厚みある内容になること。
(厚みある内容になると、その情報を人に伝えやすくなります)
がしかし、情報収集に必死になりすぎて相手が話してる途中で質問をしてはいけない!
これ鉄則ですが忘れがちです。
相手を気持ちよく話し切らせることが一番重要なのよね。
そして、自分が話す時も同じくそれらを意識し『一番言いたい事』を率直に伝えること。

そして、その場の空気を楽しむ『お喋り』と話の内容をたのしむ『会話』は違うということ。

また、内容や情報をメモすると具現化されてまとめやすくなること。
具現化するので、人にも伝えやすくなること。


などが書かれてました。


そして今回は『なぜ』と問うことの重要性を教えられました。
なぜ、その話をしたのか。
なぜ、その言い方になったのか。
なぜ、その行動をしたのか。
なぜ、そうなったのか。
5章までは、内容を具体的にまとめるためのデータ収集方法の説明が主だったと思います。
5章以下は、話してる人の息づかい、言葉づかい、声のトーン、目線、仕草などの心理面でのデータ収集の必要さを説いていたと思います。
相手の気持ちを理解する為には、自分は冷静でロジカル的に相手を観察すべきかなと思いました。
そして、共感できると冷静に分析できたなら共感を示す。
共感できないならば、相手の気持ちをくみ取るにとどめておく。

そして話し手としては『起結承転』を意識すること。
結論からぶつけて、その理由や経緯を説明する。
その後で、相手がどう思うのか、相手だったらどうしてたのか、などを問う。
この『転』の問い方が聴く相手や内容によって工夫がいるような気がします。
また、『起承転結』で話さないと頭の中でまとめられない人やストレスを感じる人もいると思うので、その見極めも大切かな。

あと「さわりの部分だけ話して相手が興味なさそうなら話題を切り替える」とありますが、相手の気持ちを察する能力がずば抜けていない限り難しいと思います。
私の場合は相手が興味なさげでも切り替えないようにしています。
あまりにも興味なさそうならば切り替えるなり黙るなりしますが。
というのは以前、興味なさそうだと判断して話題を切り替え続けていたら話題が変わりすぎてついていけないと言われたことがあるのです。
それから私は、相手が考える時間を与えるため、また話し続けることで相手にとって興味持つ事柄が出てくる可能性もあるのであえて切りかえないようにしています。
とはいえ、話し切った後に何も反応がなかった時のさみしさといったら!
その時は、「本当にこの話題に興味ないのね…」という相手の情報だけを胸にひっそりと心の枕を濡らしますが。

余すことなく全てが参考になる本でした。
おすすめです。



スポンサーサイト
本 その他 趣味・ノンフィク‥ | 【2013-11-15(Fri) 16:58:33】 | Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

和田秀樹 自分の考えを「5分でまとめ」「3分で伝える」



まだ読んでいる途中ですが、この本の言うことに従って途中でまとめてみることにします。
まとめるのは内容だけでなく感想も込みですが・・・。
平積みにされていたこの本をパラっとめくった時に『うまく話すことより、型どおりに話すこと』という文章に衝撃を受け購入しました。
『型どおりに話す』というシンプルでドライな考え方に、会話ってそんなもんで良いのだとふと気持ちが楽になったんです。

話を聞く時は、相手の話を心をこめて目と耳を開いて回りくどくても最後まで我慢してしっかり聴ききって頭の中でまとめる(相手の求めてること、自分に出来ることを考える)
話をする時は、自分が一番いいたい事を頭の中でまとめてから伝える。
「あれもこれも伝えたい」ではなく「これだけは伝えよう」という優先順位をつけることで、聴きやすくなる。
また、最初に結論を言うことで話を聴く側はまとめやすくなる。
きっと質問もしやすくなる、はず。
話をする時も聴く時も『5W1H』を確認することで、質問しやすくなるし話題を広げやすくなる。
誰が、何時、何処で、何を、何故、どのよう(方法)に、どうした。
が、尋問口調になりがちなので「もう少し詳しく知りたい」というソフトな問いかけや、「私はこう思うのだけどどうだろう」といった掘り下げ方がいいかな。
相手の言葉を鵜呑みにせず、自分の頭で理解できるまで質問する。
数字やデータなどを充実させていくと、話の内容に厚みをもって理解できる、はず。
まぁ、数字やデータを聴いてもすぐに忘れちゃうんだけど・・・。

そこで著者の和田さんが繰り返し説いていたメモの重要性を考える。
メモをすることはもちろん記録を残すこととして役立つが、それだけが理由ではない。
文字にすることで「頭の中でぼんやりしたまとまり」を具現化できる。
具現化できるということは、その情報を的確に人に伝えられるということ。
「ぼんやりしたまとまり」のままでは「ぼんやりした情報」にしかならないので、聴く人も何を聴けばいいのか相手は何が言いたいのかつかめない事態におちいる。

また、メモをとることで言い忘れ聞き忘れを防ぎ、話が飛ぶこともなくなり、記憶を即座によみがえらせる効果もある。
極端に言えば話をする時も聴く時もメモがあると大いに便利で、お互いの話の内容が分かり易くなる。

さっそく昨夜電話でメモをとりながら会話してみたら、
今まで自分が人の話をいかに適当に聴いていたかを実感しました。
自分が訊きたい質問はするけど(興味のない)基本情報はいっさい触れない、という聴き方でした。
話す側にとっては常に不完全燃焼だったと思います。
それが5W1Hを見ながら相手の話題を開いていくと、確かに聴ききった感覚はありました。
相手が5W1Hのどこを一番に聴いてほしいのかが分かるような気がしました。
(まだ感覚だけなので、相手が満足できるようなリターンは出来てないけど)
それを聴ききった後で自分の訊きたいことを訊く、というのがお互い充実した会話になるのかな。
面と向かってメモりながら会話をするのはさすがに出来ませんが、電話越しでひっそり訓練していこうと思います(笑)
手のひらに5W1Hを書いててもいいかも。

『うまく話すことより、型どおりに話すこと』と同様に『「私の話は、面白くないな」とためらうでしょう。でも「まとめる力」とはそういうものです』の言葉にも衝撃をうけました。
つまり、私は話を面白くしようとして自分本位な会話の流れを作っていたのかもしれないことに気づいたからです。
「お喋り」と「会話」の違いが具体的に理解できたような気がします。
「お喋り」は泣いたり笑ったりすることと同じでストレス発散方法。
「会話」は情報交換や相互理解の確認。「話題を伝えきった満足」「相手の気持ち・情報を聴ききった満足」が伴うコミュニケーション。
かな。
だから相手が「会話」をしているのに「お喋り」で返すと話す側は不完全燃焼になるわけで、それを私は今までやっていたのだと気づいたのです。
自分が『楽しむ』ことを優先させるのではなく『相手が話し切る満足』が非常に大事。
また自分は自分で、相手が聴きやすい情報提供をすることで『聴ききる・質問できる満足』を与えることが出来る。

ストレス発散とコミュニケーション。
もしかしたらよく言われる男の会話と女の会話の違いとはこういうことなのかもしれないなと思いました。


本 その他 趣味・ノンフィク‥ | 【2013-11-12(Tue) 14:42:19】 | Trackback(-) | Comments:(1) | [編集]

お久しぶりです。

物語を読まないとバカになります。

ということを身を以て体験しております。

また物語を少しずつ読みたくなってきました。



About 雑記 | 【2013-09-17(Tue) 17:58:21】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

草凪みずほ 暁のヨナ



久しぶりにハマッた。
1巻は2011年9月にレンタルで読んでいた。
帯の三浦健太郎推薦の文字に踊らされたのだと思う。
おもしろいな、次も読みたいな、と思ったまま忘れていた。

また最近ファンタジーがとてつもなく読みたくなった。
だけど手当たり次第読める程読書に時間をさけない。
年々本を読む速度が遅くなるし。
つまらん本を読むと、昔はお金無駄にしたとがっかりしていたが、今は時間を無駄にしたとがっかりする。
そう思って慎重にファンタジー本を探していた時に、この本の存在を思い出した。

タイムイズマネー両方惜しんで再び1巻と4巻までレンタルした。
久々にファンタジーに触れたからかな、あまり漫画を読んでなかったからかな。
もうどうしようもないほどの色々な感情が次々に押し寄せてきて、翌々日(昨日)10巻まで買った。
大人なので大人買いしました。
マネーの価値あります。
1巻につき1度は泣いて、何回も笑う。
いや、ほんと。
泣くのも笑うのも声抑えきれない。
人前で読むの、やめた方がいいよ。

私が一番好きなエピソードは、青龍の回。
どの話もそうなんだけど、人の優しさで泣いてしまう。
泣けるほど優しい。

今一番おすすめの漫画です。
とてもシリアスで切実な内容なのに、泣くよりも爆笑してしまう方が圧倒的に多い。
みんなとてもいいキャラクターしてます。
杉浦志保さんの漫画が好きな人には特におすすめ。
あの人のマンガも、シリアスなのにかなり笑える。




一般漫画 カ行  未分類 | 【2013-03-04(Mon) 17:52:47】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

あらら

最後の更新から2ヶ月経ってしまいました。

地味に読書メーターで記録をつけてますが、感想の方はままならず。

たまに頭が爆発しそうなほど本を読みたくなりますが、考えるより体を動かす生活に身を投じていたので、じっと集中して本を読むことがしにくくなってきました。

日常会話の中で言葉のボキャブラリーも貧困になってきてるし、アレとかコレとか名詞を思い出せずに苦労します。

ん、老化?

さておき、これから読書メーターが主になると思います。

こちらも相変わらずのペースになりますが、更新していこうと思いますのでよろしくお願いいたします。



About 雑記 | 【2013-02-28(Thu) 12:51:29】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

加藤ゑみ子 上質生活

上質生活上質生活
(2006/09/01)
加藤 ゑみ子

商品詳細を見る


上質な生活をしようとすると、丁寧さと緊張感そして決断力が必要となるのだな。

清貧とはよく磨かれたガラス窓です。
何も華やかなものがなくても、よく磨かれたガラス窓のある部屋は美しい。
清潔感、汚れのなさこそ、美の始まりです。


この言葉は身に染みます。
清貧になりたいとか思わないし、シンプルが必ずしも良いとも思わない。
でも、確かに磨かれたガラス掃除された部屋は美しい。
古くて疵だらけの物でも常に手入れされているものは輝いて見えるのよね。
さっそく掃除しようと思いました。
今の時期(年末)、良いきっかけになった(笑)

『縫い裁つ人』といいこの本といい、私は物を大切にするブームが訪れているらしい。

本 その他 趣味・ノンフィク‥ | 【2012-12-14(Fri) 14:35:27】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

水森サトリ 星のひと

星のひと星のひと
(2008/04/25)
水森 サトリ

商品詳細を見る


女性であるというお墨付きなんていらない。
普通でなくてもいい。
人間ですらなくていい。
どんな祝福もいらない。
ただ、あるがままの心で生きたい。
それだけだ。


はー、この言葉が骨まで染みる。
きっとそれだけではないんだよね。
本当は、あるがままの心を愛してくれる人が欲しいのが本音のはず。
だけど、あるがままの心が誰かに愛されるわけないと思ってるから、「それだけだ」と思い込もうとしてるような気がする。
ビビアンは、全然名言をはいてなんかいなかった。
ただ弱く強がりな言葉を自分に言い聞かせるように言っているだけじゃなかったのかな。

と今さらながら思い返す。


一般小説 マ行  水森サトリ | 【2012-12-14(Fri) 14:28:55】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。