スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

草間さかえ マッチ売り(1)



【好き】


いつものことながら、斜め上いく感想文ですみません(最初にあやまっとく)


草間さんの絵のイメージ(わたしの偏見になるが)のせいで、いつもいい意味で裏切られる。

詩的というか、独特というか、閉鎖された空気を感じる絵というのか、玄人好みというのか。
だからてっきりストーリーの方も、雰囲気重視で楽しめる人だけのものかと勘違いしてしまう。
実際は、読み終わるたびに、予想とはまったく違う「恋愛っていい!」という単純な喜びで心が満たされるというのに。

そういえば草間さかえさんのマンガの中で大好きな作品「されど美しい日々」の中で、

僕がそこでどんなに君を大切にしても
君がどんなに僕を好きでも
閉じた世界はきっと暗いよ
それは幸せとは違うんじゃないかな


というセリフがある。
初めてその作品を読んだとき(4年前になるのね)は、排他的な耽美ものが好きだったからいまいちピンとこなかったけど、そのセリフがずっと心に残っていた。
年月を追うごとに、「感じ」がつかめるようなってきたと思う。

草間さんのマンガって読者を突き放さないんだなー。
とりあえずの感想文なので言葉を選べずあまり適格な表現が見つからないけど、「美学」よりも「共有」を感じさせてくれる。
みんなが理解者じゃないけれど、理解してくれる人はたった一人だけじゃない。

「されど・・・」の中のあのセリフは、草間さんのマンガ自体をよく表してるように感じます。


とはいえ、この「マッチ売り」は少々閉鎖的。
キャラに掲載された「風景画家と肖像画家」もわりと閉鎖的。
時代的なものもあろうけど、草間さんは閉鎖ブームなのかしらん。

続きがあるようなので、気長に待とうと思います。






スポンサーサイト
BL漫画 カ行 草間さかえ | 【2011-04-19(Tue) 15:08:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

草間さかえ 真昼の恋



【好き】

ほどよいリアル感。
恋愛っていいなあ。
日常っていいなあ。

サザエさんが雨の日に傘をもって駅までマスオさん迎えにいく

ってゆーシーンを見たことあるけど、あれと同じあたたかーい気持ちになった。
プラス、エロもいい。
愛し合ってるってわかる体温感じるエロがいい。


BL漫画 カ行 草間さかえ | 【2011-04-19(Tue) 11:31:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

草間さかえ 地下鉄の犬

地下鉄の犬 (ドラコミックス)地下鉄の犬 (ドラコミックス)
(2010/08/25)
草間 さかえ

商品詳細を見る

【大好き】

めがねを強調されると萎えるので、これがめがね×めがねと聞いて読む気がしなかった。
草間さかえさんなのに。
だけど地元書店にめぼしいBLがこれくらいしかなかったので買ってみた。
草間さかえさんだから。

おもしろかった。
おもしろかった。
やっぱりおもしろかったよー!

めがね×めがねだけどぜんぜん気にならない。
めがねをむやみやたらに弄らないから、うっとうしくなかった。

恋愛っていいなーとほっこりする。
あまり小難しいことはいいたくない。
相手の想いがどんなに重く感じても、受けとめようと思えるのは愛があるからよね。
はしばしから、お互い相手を思いやる気持ちが伝わってきて、いいラブストーリーだった。

それと、旅館エロは大好きです、ええ!

BL漫画 カ行 草間さかえ | 【2011-03-31(Thu) 13:14:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

イロメ(再読) 草間さかえ


08.07 新書館 \552
★10/10

BLマンガが読みたい。
家にあるBLマンガが全部読んでるので、その中で内容は思い出せないが面白かった記憶だけが残っているものを・・・というピンポイントな条件で家の本棚を探していたら見つけました。
草間さんの「肉食獣」も「夢見る星座」も好きで、それらを読み返した回数はわりと多いけど、これは1回しか読んでなかった気がする。
面白かったけど、前2冊に比べて特別好きというわけじゃなかった気がする・・・でもどうしてだっけ?
という印象。
これなら、新しい気持ちで楽しめるかなーって思いました。
そして楽しみました。
すごく、すごく面白かった。
「カオス」で号泣。
以前の感想文にも「なにげに泣いた」なんて書いてるけど、今回は号泣しました。
読めば読むほど泣ける。
なにこれ。
先生が健気だから、とかそういうのだけで泣けるわけじゃないの。
時の流れが切なくて、哀しくて、でも可愛くて、優しくて。
もちろん、先生の偽悪な健気さや過去の切なさも泣けるんだけど。
時の流れを愛せる、ようになれるよ。
草間さんの描く攻めは、かなりいい。
厚みがある。
ぶつかっていっても、ちゃんと支えてくれそうで、いい。
そういえば、草間マンガを読むたびに、攻めキャラに惚れてるかもしれない。
「うらはら」「あつくてつめたい」もよかったです。
前の感想文は「カオス」ばかりにとらわれていたみたいだけど、今回は「あつくてつめたい」も「花いちもんめ」もよかった。
表題作は今の私にはまだそんなに惹かれないんだなあ。
面白かったけど、また今度読み返したときにはちゃんと面白さがわかるかもしれない。
そういうのが残っててもいい。
「あつくてつめたい」は、子供時代のシーンがとくに好き。
犬猫みたいに重なり合って寝てるシーンがすごく好き。
大きくなっても部屋でだらだら二人で寝てるシーンも好き。
朝、同じ部屋で(寝床は別々でもいい)起きるシーンがすごく好きなのかもしれないと思いました。
「花いちもんめ」は、攻めの容姿が好き。
かっこいくて渋いくせに、まだ子供らしい不器用さもあって可愛いところ。
あらためて草間さんのマンガが好きだと思った。
もっと読みたいっ!
けど、今までの本を何度も何度も読み返しても面白い。
あー、草間さんのマンガが読めて幸せ。


BL漫画 カ行 草間さかえ | 【2009-04-18(Sat) 00:01:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

イロメ 草間さかえ


★8/10

なんとなくDear+と草間さんのイメージがぴんとこなかったので、Dear+から発売と知っておどろきまました。

「カオス」が一番好き。
なにげに泣いた。
最初は意味が繋がらなくて???って感じだったけど、白川先生のセリフを何度も読みかえすと繋がってきて、繋がったら繋がったで泣いた。
その後の、草間さんの4コマ下に書いてあるコメントを読んで、本編以上に泣いた(笑)
し・・・白川先生ってば不憫!!

それにしても、草間さんの灰汁が完璧にぬけている1冊になってます。
草間灰汁は原液ママだと私の好みからして濃すぎるので、4分の1薄めるくらいがちょうどいい具合なんだけど、こりゃまた安酒並みに薄いです。
4コマは原液に近い感じでしたが(笑)

草間さんのメガネはいい。


BL漫画 カ行 草間さかえ | 【2008-08-11(Mon) 21:33:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

夢見る星座 草間さかえ

夢見る星座 (ビーボーイコミックス) 夢見る星座 (ビーボーイコミックス)
草間 さかえ (2007/06/08)
リブレ出版

この商品の詳細を見る

★10/10

おもしろすぎてビビルー!!
なーんか、草間漫画を買う時って「期待しないように期待しないように」と唱えながら買っちゃうのよね。
それって、明治カナ子漫画もそうなんだけど。
『味』のある人ってのは、ツボにはまると狂ったように読み返しまくるんだけど、それと同じ引力で(私の)ツボから外れる時もあるんだなあ。
なんか、やらかしそうな雰囲気あるじゃない。
で、今回は、好きで好きで好きで好きで好きで好きで(エンドレス)たまらないでした。
3回読み返しました。
ええ、もう、胸がうずくほどたまらない!!

夢見る星座は、リーマンラブ。
草間漫画がすごいのは、漫画として面白いからなのよねえ。
同じストーリーでも草間さんじゃなかったら、ここまで面白くなく、さらりと読み流してしまうんじゃないかしら、と思うんだけど、空気感とか間とか展開の妙で、面白く読めてしまう。
漫画って、ストーリーが面白かったり設定が面白かったりすればいいてもんじゃないんだなあと思いました。
白昼白夜は学生ラブ。
赤ちゃんをあやす場面、やっぱり草間作品だなあと。
こういうストンと暗い部分に落ちる感覚が草間作品だなあと。
眼鏡属性ないといい続けてきましたが、あるパターンにおいては眼鏡属性っぽいことに気づきました。
眼鏡攻め、細くない、ひょうひょうとしてる、意外に押しが強い、学生。そんな感じで。
されど美しき日々は不細工受け。
一番好きです。不細工ってリアルよね。なんか。
少女漫画では主人公が不細工(美人も嫌だが、実は美人ってのがいい。まあ細かい話はどうでもいいんだが)って許せないんだが、ボーイズラブは不細工っていいなって思います。
リアルに感じるものがある。
不細工ってわけじゃないけど、そばかすとか眉太とかも同じ部類かな。
出っ歯萌えとかしそう(笑)
不細工が笑うとすっごく可愛い。P.77ですが。
この1コマがすっごく効いてるなあって感じ。
もっともっと不細工が読みたいなあ。でも不細工っていっても、現実世界ではそんなもんだと思うのよね。
みんなどこかしらある。けど、それがかっこよく個性に見えたりするのは、まったく同じ顔は存在しないって知ってるからで、まあ普通のことなんだけど。
漫画では不細工でも、現実では普通。
だから、漫画で書くとなると、バランス感覚のいい人じゃなきゃ難しいのかなあって思いました。
まあ、そんなこと語ったって仕方ないんだ。
違う、いいたいことはそこじゃなくて(笑)
学校の雰囲気がすっごくいい。学校の匂いを思い出しました。
階段のシーンや、廊下とか、一番最後のページの教室のシーンが、すっごくいいのよ。カーテンがいい。光がいい。五感で感じる漫画が好きなんだけど、ここにはあったわ。
紙袋、切なすぎ。
夏のみちしるべ草間さんの眼鏡攻めキャラってつぼだなあ。
草間作品で、たれ目って少なくない?
これ、たれ目。いい。
「悪い、俺、昨日触った」
すごくいい。
草間キャラの攻めは、男くさくていい。男くさい外見じゃなくても、男のにおいがしていい。
恋愛恐怖症もいい。
なんていうか、語るのが面倒になってきた(笑)
いいもんはいいものなのよ。好きなのよ。
読んだらわかる。
草間さんは、短編が好きかも。
っていうか、はつこいの災厄とか・・・題名が混ざったな。
「はつこいの死霊」とか「災厄のてびき」とかも、買いなおさなきゃなあ。
ああ、売らなきゃよかった。
仕方ない、永久保存にするからまた新刊で買うよ。









BL漫画 カ行 草間さかえ | 【2007-07-18(Wed) 12:09:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

肉食獣のテーブルマナー 草間さかえ


肉食獣のテーブルマナー 草間さかえ
★10/10

お・も・し・ろ・か・っ・た、アハ!
草間作品の「くせ」がちょっと苦手だったんだけど、今回はそれが薄まってたせいかな。
ドラコミックスは内容の薄いのが多くてあまり好きなレーベルじゃないんだけど、草間さんの場合はいい加減でアクが薄まってた気がした(笑)
も、かなり好きですよ、これ。
まず最初の作品の「キス、シロップ」
けっこうミステリーがあって面白かった。
最初のコマはいったいどういう意味なの~、ってところからして、ぐいぐい引っ張られちゃった。
ストーリーの組み立て方がすっごい好き。
受け子の顔も好き。
主題作の「肉食獣のテーブルマナー」
これがまた面白いのよ。
この受け攻めに違和感のある感じがたまらなくすき。
それなのに、だんだんサトシが攻め的に見えてくるし、安藤は受け的にかわいく見えてくる。
ああ、すき。もう、すき。
「ここだけのハナシ」
すごいね、草間さん。
まったく読めないもん。なにを隠しているのかさっぱり読めない。
まさかまさかの受け子の秘密。
「春の指先」
子供時代がすっごい可愛くて大好き。
このあほっぽい感じが可愛くて可愛くて、もだえちゃった。
このね、なんていうかね、宇宙人みたいな子供同士にだけ通じるようなのりがね、すっごい好きなのよん。
攻めはアホのまんま育ってしまったけど(笑)
あとがきの4コマも裏表紙折の4コマも、表紙裏の漫画も面白くて面白くてたまりません。
1コマ1コマじっくりなめるように見つめながらさらに1話1話を2度3度読みしながら読んじゃったもんだから、読む時間がそうとうかかりました。
ああ、好き。もう、好き。
ものすっごい当たり本でした。ありがとう草間さん!

BL漫画 カ行 草間さかえ | 【2007-04-27(Fri) 20:14:50】 | Trackback:(1) | Comments:(2) | [編集]

Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。