スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

鈴木ツタ この世異聞(4)

この世異聞 其ノ4 (ビーボーイコミックス)この世異聞 其ノ4 (ビーボーイコミックス)
(2010/07/09)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る

2010年07月 リブレ出版/BBC 620円
★10/10

あ、本が値上がりしてる。

この世異聞の4巻ですが、4巻だけ読んでも大丈夫そうです。
表紙カプ(だけ)が気になった方はぜひ。
(業者のまわし者のようだ)
ちなみに、狐耳(クラヨリ様)が受けで左のつむぎくんが攻めのようです。
まだしっかり決まってない。
鈴木ツタさんのマンガだから油断できない(笑)

セツたちも友達出演してました。
最後のショートショートがなんだかムフフときた。
ほのぼの義親子!

あとがきで、背景とかいろいろをお友達にお任せしてるとおっしゃってましたが、それでいいとおもいます(偉そうでごめんです)
本を買って読んでる側(わたし)からしたら、完成されたおもしろいマンガを読みたいだけで、その作者さんの絵の力量や努力などを読みたいわけじゃないんだから。
作者さん自身が好きだから読むわけではなく、おもしろいマンガさえ読めれば誰が描いてたっていいんだから。
あれ、わたし毒をはいてますか。




スポンサーサイト
BL漫画 サ行 鈴木ツタ | 【2010-07-15(Thu) 18:39:47】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

この世 異聞(2)(3) 鈴木ツタ

この世異聞 其ノ3 (ビーボーイコミックス)この世異聞 其ノ3 (ビーボーイコミックス)
(2009/05/09)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る

07.08/09.05 リブレ出版/BBC \571
★10/10

すでに3巻の半分は、異聞的なものは何もないわけだけど。
その話も同じくらい好きです。
この先の展開に異聞的なものがなくなったら、がっかり5割だけど。

これ長期連載になったら、和風オカルト(オカルト?)系がすきな私にはバイブル化しそうだなー。
期待。
とても期待。


BL漫画 サ行 鈴木ツタ | 【2009-09-06(Sun) 02:10:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

この世 異聞(1) 鈴木ツタ


06.11 リブレ出版/BBC \571
★10/10

現在、3巻まで発売されているらしいので★10。
もし、これ1冊のみだったら★9かな。

雑誌で読んだときはさほど面白いとは思いませんでした。
だから、この単行本も買ってなかったんですが、無性にツタマンガが読みたくなり手にとりました。

なんか、面白い。
獣耳に萌えたという(だけの)面白さじゃないと思うけど、こーゆー現実から1歩ずれた世界好きなんだ。

同時収録の「ナイロンビニール」は、うーん?
ツタ絵は学生のシリアスな内容がハマりすぎてたからかも。

「神も仏もないものか」のタイトルデザインに惚れ惚れ。
こうして、表紙のタイトルデザインを意識して見ることないけど、筆で書かれた(ように見える?)字はドンとインパクトあるなー。
と思って、「この世 異聞」と「ナイロンビニール」のタイトルデザインを改めて見たらすごくセンスいい!
ツタさんの表紙絵とタイトル名とマッチしていて、「完璧・・・(ため息)」とうっとり。

もちろんそれだけじゃなくて、「神も仏も」は内容もけっこう好きでした。
ラスト2Pが特に!



BL漫画 サ行 鈴木ツタ | 【2009-06-09(Tue) 22:56:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

僕の知るあなたの話 鈴木ツタ


09.01 竹書房 ¥600
★9/10
ホスト×ヤクザ(年下攻) 幼馴染 幽霊(コメディー) 社会人

絵がうまいなー・・・。
って、今更かよ!
とツッこまれそうだけど、今更気づきました。
4シリーズ入ってるけど、キャラクターの顔がみーんな違うの。
すっごいね。

話も面白かった。
どれもこれも面白かったし、どれもこれもハッピーエンド。
私の勝手なイメージだけど、ツタ絵って不幸が似合う。
切ないのが似合う。
不幸エンドも切ないエンドも苦手だから、どうもツタマンガは信用しきれないところがある。
だけど、そんな疑いをことごとく覆されたあげく、読後はにんまり幸せ気分。
むふー。

内容についての感想は書いてないけど、どれもこれも面白かった。
本当に面白かった。
はー、買ってよかった。

BL漫画 サ行 鈴木ツタ | 【2009-01-12(Mon) 14:38:37】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

3軒隣の遠い人 鈴木ツタ


★6/10
年下攻め・幼馴染み


ツタ絵はむっちりしてる方が好きだなあ。
個人的に『あかないとびら』がスマッシュヒットだっただけに。
私はアレ並に変態がそろったツタ漫画が好きらしく、スマートな男たちのチョイ変ぐらいの話じゃ満足できない体になってしまいました(笑)
私の中ではけっこう落差の激しいBL漫画家さんのようです。
あれだ、あとがきで書いてあったような内容だったらば好みなのかもしれない(笑)
先輩の話とかの方が面白そうだなと思ったり。
オフ会ってなんだよ。
いそいそとサイトのネタあつめをする先輩が可愛いです。
そして柳瀬くん。
キャラ的にいって、この子は主役級じゃん。
兄とからめて使わない手はない(笑)
使ってくれ。いや、使ってください!!お願いします。
兄、気になるよ、兄!
意外と柳瀬×兄だったりしたらどうだろう。
好みとしては兄×柳瀬だけど、面白さからいって柳瀬×兄だよねえ。
頑なな兄に柳瀬の(不幸の)魔の手が・・・みたいな。
柳瀬は柳瀬で天然押し出し攻めみたいな。
気づいたら、兄を手にいれてましたみたいな。
あ、ちょっと妄想が広がってます。
というわけで、脇役が色々と美味しかったです。
本カップルは、大人になった昇のキャラが好きです。
光也の告白中に「悪くない」と思いつつ断ってみる、みたいな。
「ごめんなさい・・・かな」の、「かな」の部分がいい(笑)
断らなくてもいいんだけど、断れって言ってるから断ってみるみたいな、なんともかみ合わない感じが好きです。
ああ、そうか。
ツタ作品の受けと攻めの「かみ合わない感」が好きなのかもしれません。
「あかないとびら」も、かみあってなかったものね。
次に期待~。




BL漫画 サ行 鈴木ツタ | 【2007-10-15(Mon) 11:44:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

あかないとびら 鈴木ツタ


★10/10 (ネタバレ)

悩む間もなくあっさり10点、うっひょう!
おっかしいな。
ファーストコミックの『hand which』を読んだときは、ここまでヒットしなかったはずなんだけど。
鈴木氏の腕が上がったのか、昔の私の目が腐ってたのか。
それとも、その両方か。・・・両方だな。
読み返してみよう。

いやはや、ビックリするくらい面白かったわよ。
おおまかにわけて3編。

どれもこれも面白すぎて、感想がかけません・・・っ!!!
基本、I am ゲイを前提にした話が大好きなので、これにはメロメロと骨抜けすぎてトロトロになりました。
一言で言えば、好み。
ど真ん中。
ドド真ん中。
針穴より小さいツボを、的確に突く。蜂より鋭く刺す。

最初の『あかないとびら』『合わない鍵』は、受子の升岡の図太さが最高。
『どうすればあれを俺のおしりに入れてくれるかなあ・・・』
のセリフで一気に萌えました。
この図太さのおかげで、暗くならないのが、ほんっとーに面白くって大好きです。

そして『みにくいアヒルと王子様』『王子様の恋人は』でも、受子の田山の顔がほんっとーに好き。
眉が太くて鼻がへしょんとなってて(これは最初の方だけだけど)瞼が重そうに下がってて、体はむっちりしてる。
好き、好き、好きー!
『王子様が無邪気にドSだった・・・』
のセリフは一見の価値ありよ!
無邪気にドS・・・いそうだな、これ(笑)
そして、王子様こと薄井の田山を抱いた後に
『気持よかったなあ ぷにぷにしてて(←手書き文字)』
ここ、重要。ぷにぷにしてて。しかもむっちりしてたとかも言ってる。
これ重要。かなり重要(笑)
男にむっちりぷにぷにって表現、かなり可愛いよね!ね!ね!

もう、鈴木氏って、ギャグではずすタイミングというかはずし方がかなり最高!大好き。大好き。大好き。

『冷たいさびしがり』では、『あああぼくの方が前歩いてんのにすごいストーキング気分』のセリフにドキュン。
一話に一度が必ず、胸を貫くセリフがあるわね!
39歳とか刑事とか、いいネタを小出しにしてくるから、何度も何度もにやけてしまったわよ。

カバー裏もたまりません。
鈴木氏、大好きです。患者・・・は私だ。じゃなくて、感謝!!



BL漫画 サ行 鈴木ツタ | 【2007-07-11(Wed) 23:54:57】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

hand which 鈴木ツタ

Hand which


一見さんいらっしゃーい。
絵はけっこう好きです。表紙のカラーと全然イメージが変わらないし。
ただ、微妙にツボがずれるかも。
なんだか背中がむずがゆくなる~。
カップリングの組み合わせは好きなんだけどなあ。
その中でも『シェイク ア ハンド』は一番好きです。
高田のわけわかんない軽さが好きだ(笑)
と、いうわけで。真面目っ子萌えな人にはお薦め品。


BL漫画 サ行 鈴木ツタ | 【2006-05-24(Wed) 16:06:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。