スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

中原一也/奈良千春 愛されすぎだというけれど


2010年07月 二見書房/シャレード文庫 650円
★7/10

奈良千春さんの絵はあいかわらず好きです。
とくに、一番最初の坂下先生が女王さまのごとく高笑いをしている挿絵には笑わせてもらいました。
坂下先生、完全に労働者街になじみましたね・・・・・・。
むしろ、坂下先生が黒幕のようだ(笑)

さて内容はといえば、わたしの視点が完全に双葉にいってます。
克幸が双葉にメロメロになればいい。
新キャラの湯月も好みですが、まず双葉を克幸に贈呈。
と考えながら読んでいたら、坂下と斑目がどうなろうが知ったこっちゃない(笑)
むしろ、克幸のこれからが気になるってなもんです。

双葉ー双葉ー双葉ー。

スピンオフが出るまでは、呪文のように唱え続けます。


スポンサーサイト
BL小説 ナ行  未分類 | 【2010-07-11(Sun) 01:16:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

中原一也/奈良千春 愛しているにもほどがある(愛してないと云ってくれ2)

愛しているにもほどがある  (二見シャレード文庫 な 2-9)愛しているにもほどがある (二見シャレード文庫 な 2-9)
(2009/04/23)
中原 一也

商品詳細を見る

2009年05月 二見書房/シャレード文庫 650円
★8/10

3巻がでるというので、急いで買った。
やっぱりおもしろかった。

そして克幸×双葉希望。
ってか、克幸じゃなくてもいいんだけど、双葉受けが読みたいー。

BL小説 ナ行  未分類 | 【2010-06-22(Tue) 13:57:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

猫島瞳子/六芦かえで 茶人の嗜み


2010年03月 海王社/ガッシュ文庫 610円
★6/10

茶道家元というのと、あらすじの『はんなりしてるのに、なんかエロいっ』に惹かれて買ったのですが、期待してたほど『なんかエロいっ』ではなかったのが残念。

近松さんが気になります。
攻め希望でスピンオフ~読みたい。

BL小説 ナ行  未分類 | 【2010-06-15(Tue) 15:54:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

その男、取扱注意! 成宮ゆり/桜城やや


09.05 角川書店/ルビー文庫 \514
★5/10

桜城さんの挿絵とガテン業受けが買う決め手。
ポップなBLかしらと思いきや、初っぱなからヤクザなにおいがしました。
内容にあまり入り込めず。
頭ん中てんやわんやで現実逃避としてこの本を読み始めたため、読んでる最中も集中できませんでした。
だから、読んだタイミングが悪かったのかも。


BL小説 ナ行  未分類 | 【2009-06-14(Sun) 13:54:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

手に入れたいのはオマエだけ 成宮ゆり/桜城やや


★7/10

挿絵の力で読みきりました。
あらすじで芸能物とは知っていたけど、表紙から勝手に自分で妄想した話の方が面白かった(笑)
芸能物は苦手です。
特に歌手(しかもビジュアル・アイドル)は鬼門。
それを肝にめいじた上で読んだので、内容は想定内です。

最近、BL小説をアラを探すように読んでいる自分に気づいて、極力この小説は余計なことは考えずに素直に読もうと思って読みました。
でも、元々水(芸能物という)が合わないせいか、ガンガン読みすすめられるほどの熱くはなれず。
攻めの一人称ですが、丁寧に描写してあるしけっこう印象はいい感じです。
ただ盛り上がりに欠けるというか。
描写力のスキルが低いというか。
成宮さんに限らず、BL小説ってけっこう多いと思うけど。
BL小説の描写力ってハードボイルドよね。
単語そのままっていうか。
そのせいで、全体的にあらすじ風味の感じがします。
成宮さんもそういうきらいがあるものの、丁寧な感じがするので悪くはない印象。

でもエロシーンが面白かったです。
BL小説で体射って初めて読んだかも。
(まあ、基本的にエロシーンはとばして読むから正確じゃありませんが)

ストーリーは、受け子ちゃんの京一が、攻め男の充に骨抜き状態なのが可愛かったです。
受け→攻めの方式は好き。
受け視点のBL小説が好きだと思ってたけど、受け→攻めで攻めがほだされていくのを攻め視点で読むのも面白いもんだなあと思いました。
まあ受け子ちゃんが好みのタイプじゃないと嫌だけど(笑)

芸能物好き、挿絵買いでも損はしないと思います。
現に私は挿絵買いですが、最後まで読めました。
意外と攻め視点も面白いです。
(でも受け視点が好きだけど)




BL小説 ナ行  未分類 | 【2008-07-13(Sun) 22:10:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

少年舞妓・千代菊がゆく! ときはめぐりて 奈波はるか/ほり恵利織


★6/10

あり?
これ感想を1つも書いたことなかった?
おっかしいなあ。

BLコバルトです。
っていっても、本当に可愛い話で、おままごとのような展開。
こんな心安らぐBLなんて今時少ないです。
ええ、本当に。
意外とおままごとBLって少ないよね。
こういうの好きなんだけどなあ。

というわけで、少年舞妓のタイトルどおり、少年が舞妓に扮してあれやこれやと立ち回るシリーズです。
その箸休め本ってところかな。
漫画も入ってるし、短編小説も入っててお得。
悪いことは言いません、読むなら1巻からどうぞ。
義務教育中の少年少女にも胸をはっておススメできるシリーズですよ。
BLだと疑われることなくお母さんも買ってくれます。
エッチシーンもありません。
よかったね。
キスシーンや、口説かれ方でドキドキします。
あー、いいシリーズだ。

BLコバルトは大好きだわ。
なんか癒される。
普通に面白いよ。








BL小説 ナ行  未分類 | 【2008-06-24(Tue) 00:31:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

罪喰い 中原一也/小山田あみ

罪喰い 罪喰い
中原 一也 (2007/03)
プランタン出版

この商品の詳細を見る

★10/10

冷静な判断ができません。
目がぐるぐるしてます。
なんかって、中原さんの兄×弟なんですもの!!!
しかもちょい耽美。
しかも兄ジゴロ。
むふー。

団子3兄弟。
長男×三男ですが、ちゃーんと次男がキーパーソンとして動いていて、三人とも仲良しなのがとっても好き。
どんなに長男がジゴロのろくでなしでも。
三人の子供時代の話とか、かわいくて笑えた。

ふと私が兄弟物が好きな理由のひとつに、子供時代の思い出を共有しているってことにあるんじゃないかと気づいたかもしれない。
ケモノのように遊んでいたころから知ってる二人っていうのに惹かれるのかな。
従兄同士もそうだし、幼馴染もそうだし。
禁忌っていうもの惹かれるんだけど、どっちかというと思い出を共有しているって部分に好きパワーがかかるかも。





BL小説 ナ行  未分類 | 【2007-06-07(Thu) 12:50:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ミツバチの王様 中原一也/こいでえみこ

ミツバチの王様 ミツバチの王様
中原 一也 (2004/07/29)
二見書房

この商品の詳細を見る

★5/10

書き下ろしの『王様の帰還』はけっこう好きだけど、表題作はこれといって事件もなく終わったかなって感じ。
読んでる最中、ハニーワッフルが食べたくて仕方ありません。
これ読むときは、横にハニーワッフルとコーヒーをご用意ください。
夢中になって読み終わることには、冷えきっているかもしれませんが。
書き下ろしの三木くんが可愛くて好きだなあ(挿絵込みで)



BL小説 ナ行  未分類 | 【2007-05-07(Mon) 00:09:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

愛してないと云ってくれ 中原一也/奈良千春

文庫(な行)愛してないと云ってくれ


はあ、満足……。
斑目(攻)のエロくさいジョークセンスにメロメロです。
馳作品ようなダーティ世界の中にボーイズエロ……じゃなくてラブが入ってるみたいで、ものすっごいツボをつかれちゃったわよ。
坂下先生(受)が強くて、最強。
ハードな展開のわりに、二人のやりとりがコミカルでテンポもいいし、他の作品もこんな感じならば中原さんこれから注目です。
中原作品をはじめて読んだ時は、正直『微妙……』とか思ってたわけですが、たぶん純粋にジャンルが合わなかっただけかもしれない。
絵の影響もあるのかな。
なんといっても、坂下と斑目のやりとりですよ!

「先生だってノッってたくせに何を言う。『おやっさん』が悪かったんじゃないのかっ?」
「『平治』が悪かったんですよっ!」


プハハハハ。二人ともバカすぎる。
こういうアホなノリって大好きだなあ。逃げてる場面が目にうかぶよ。
そうそう、描写がいいのかな。景色が目にうかぶんですよね。
斑目と坂下先生と双葉がタバコを吸いながら空を見るシーンとか、ホームレスや泥酔者を飛び越えながら逃げるシーンとか、もちエロシーンも。
不思議と、中原さんのエロシーンも読めてしまう。
とばさずに楽しんで読めてしまうのですよ。喜ばしいことです、全く。

「今度襲ってきたらメス投げてやれ」
「まさか人に向かってあんな危ないもの投げられるわけがないじゃないですか」
「何言ってやがる。俺には投げるくせに」


斑目の扱いがひどすぎ(笑)
そんな坂下先生が大好きだわ。

ばーちゃんとかおっちゃんとか、さりげに悲しくなりながらも、テンションが下がらないのが好き。
ばーちゃんの前じゃ、ちょっと子供な坂下先生も好きだし、ばーちゃんに贔屓する坂下先生も好きだし、斑目のアホさもかっこよさも好きだし、双葉くんもいい感じで邪魔するところも好きだし。
あー!!ヒットきたなあって感じです。




BL小説 ナ行  未分類 | 【2006-09-22(Fri) 22:22:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

華麗なあいつはろくでなし 南原兼/高久尚子

華麗なあいつはろくでなし


南原兼節健在。
軽くて楽チンなBLを読むなら南原だろ。
と、いうわけで、気が散るような電車の中でも、短いトイレの間でも、コマ切れにして読んでも全く大丈夫なBL小説というわけで、個人的に重宝しております。
ただ、真剣に時間をとって読もうと思うと、南原兼はちょっと薄いかしら、ね。

南原作品の中では、社会人ジャンルは少ないそうで、今回はスター×マネージャーというカップル話でした。
うーん、でもやっぱり、私としては南原作品は「あるわけねえ学園」の設定が好きだな。
攻め君がトラウマ持ちってのも、南原作品には多いわけですが、そんな設定をさらりと流すあたりも嫌いじゃないです(笑)
なんだろうな。
お薦めしないし、全作品を買うほど入れ込んでるわけじゃないけど、南原兼作品ならどんなんでも嫌いになれないわ。摩訶不思議(笑)


BL小説 ナ行  未分類 | 【2006-09-16(Sat) 22:25:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

罪に濡れる夜に 中原一也/片岡ケイコ

罪に濡れる夜に


わーい神父ものだー、というわけで速攻買い。
おやおや、神父ものだからてっきり舞台は外国かと思いきや日本ですな。
幼馴染みでガテン×神父です。
しかも、この神父さん(主人公)はタバコを吸います。素敵。
もっと悪な神父さんでも良かったけど(笑)
けっこうくだけた内容なので、宗教物が苦手っていう人にもいいかも。
わたしはもっとゴッテリカソリックって感じでも良かったけどさ(笑)
告解する場所の描写がとっても好きです。


BL小説 ナ行  未分類 | 【2006-02-03(Fri) 22:52:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ごめんね・ピーチパイ 南原兼/すがはら竜

ごめんね・ピーチパイ


兄弟モエモエな本です。
兄×弟。血が最後まで繋がってます(笑)
可愛い弟に弟ラブなのに必死で抑える兄がたまりません。
南原さんらしからぬ、ストイックさが見え隠れ。
と言いつつも、兄はほかの人で発散してるのでストイックじゃないか・・・。
文庫で兄弟萌えBLはどれもレベルが高いな~と思います、ええ思いますとも!
いい兄弟でした!

BL小説 ナ行  未分類 | 【2005-11-22(Tue) 22:50:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

COLD★BLOOD 南原兼/明神翼

COLD★BLOOD コールド★ブラッド


これはノベルズの文庫化だそうです。
やっぱ南原作品は萌えと勢いと思い出したようにある文学チックな薫りだね。
先生と不良くんの話。
先生は吸血鬼。
ま、あれです。いつもどおりの南原節。
今回も泣いたり引いたり笑ったりニヤけたりの本でした。

・・・一度でいいから、挿絵を耽美系の人でシリアスな時代がかったJUNE系作品を書いてくれないかな?
や、明神さんや桃季さんも好きなんだけど、違う南原も見たいってゆーか、そこはかとなく匂う耽美臭を思う存分まみれたい。


BL小説 ナ行  未分類 | 【2005-11-04(Fri) 22:45:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。