スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

仲村佳樹 スキップ・ビート(26)(27)

スキップ・ビート! 26 (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 26 (花とゆめCOMICS)
(2010/10/19)
仲村 佳樹

商品詳細を見る
スキップ・ビート! 27 (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 27 (花とゆめCOMICS)
(2011/02/18)
仲村 佳樹

商品詳細を見る

【大好き】
元気でる度 ★★★★☆


役者としての成長から恋愛へとテーマがシフトしてきたみたい。
ちと展開がムリヤリになってきたように思うのですが……気のせいかな。
ナツのキャラはあまり好きではないから、はやくセツへ行って欲しい、という気持ちがそんな気のせいを感じさせるのか。
キョウコではなく、敦賀さんの心がぶれまくりだから、なんだか辻褄が合わない気がしてくるのか。
いや、もともと敦賀さんはこーゆー性格だっけか。
そろそろ1巻から読みかえさないとなー。

スポンサーサイト
一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2011-05-06(Fri) 02:02:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

仲村佳樹 スキップ・ビート(25)


★10/10

おもしろいー。
今回はバレンタイン後遺症のせいか、根性よりもラブ度が高かった。
わたしとしては、根性根性ド根性のキョーコが好きだけど、こういうラブもいいのう。


一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2010-08-03(Tue) 17:31:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

仲村佳樹 スキップ・ビート(23)(24)


2009年10月/2010年02月 白泉社/花とゆめコミックス 各420円
★10/10

キョーコちゃんの演技(というか憑依)は、役者としてはどうなのだろう。
という思いがふと過ぎりましたが、別に役者ハウツー本を読んでるわけじゃないから無視。

キョーコちゃんが、周りからのイジメや偏見をことごとく踏みつぶしていく姿がいいの(笑)
相変わらずスカッとするし、ヤル気をもらえる。

ただ、今回のバレンタインは敦賀さんが不憫すぎて・・・・・・っ!



一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2010-05-07(Fri) 18:08:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

スキップ・ビート(22) 仲村佳樹


09.06 白泉社/花とゆめコミックス \400
★10/10

スキップ・ビートを読むたびにおもうことですが、

がんばらなな~

キョウコちゃんを見てると、パワーをもらえるわー。
ヘコんだりクサッたときでも、このマンガを読んだら、「素直に前向きにがんばるわっ!」と思えてしまう。
素敵マンガ。



一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2009-10-04(Sun) 16:42:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

スキップ・ビート!(21) 仲村佳樹

スキップ・ビート! 21 (花とゆめCOMICS)スキップ・ビート! 21 (花とゆめCOMICS)
(2009/02/19)
仲村 佳樹

商品詳細を見る

★10/10

これ読んで元気にならない人いる?
ってくらい、パワーもらえます。

がんばらなー。

って思います。
きょうこちゃん見てると。

一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2009-08-14(Fri) 16:58:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

スキップ・ビート(19)(20) 仲村佳樹


08.07/08.10 白泉社 各\400
★8.8/10

前回はまとめてどーんと1巻から18巻まで読んだため、スキビ熱がすんごい勢いで加熱していたけど、今は少し沈静化。
とはいえ、やっぱり面白かったー。
面白いマンガってシーンがしっかりと頭に焼きつくなーって思った。
どの巻も1回ずつしか読んでないのに、印象的なシーンがちゃーんと思い出せる。
それってけっこうすごいと思う。

今回は泣かされましたー。
20巻でマリアとお父さんが会うシーンなんて、体が干からびそうなほど泣いた。
風呂に入りながら読んで泣いたせいで、本当に脱水症状になりそうだった。
モー子さんとキョーコちゃんの関係もほほえましいし。
っていうか、百合?
っていうか、モー子さんってば今まで女友達がいなかった反動でキョーコちゃんへの愛が爆発してるわ(笑)
キョーコちゃんは大好きだなー。





一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2009-01-07(Wed) 00:15:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

スキップ・ビート(17)(18) 仲村佳樹

 
★9/10

ななななんと、スキップ・ビートがアニメ化ですって。

アニメファン向けポータル&コミュニケーションサイト『プレセペ』 情報より。

びっくらこいた。
っていうか、今更。
や、私も今更読み出したファンの一人だけど。
なんてタイミングのいい。
なに、やっぱり私って時代に乗れてる?っていうか時代を作り出せそう?
のびのびのびのび・・・ポキリ。
思い込みの激しい天狗っ鼻をこれ以上高くならないように折っときました。
ふう。
面白いマンガは、私がいまさら声高に叫ばずともみんな知ってるっちゅー・・・。

痛快サクセス(失敗も多いがそれも励まされる)ストーリーなので、少女のみならず働くお兄さんお姉さんにもオススメできます。
これ読んだらヤル気でるよ、マジで。
めげてたまるかっコンチクショーッてなるから。
芸能界物だと思って敬遠せずにどうぞどうぞ。
やってることは誰よりも地味で(悪目立ちしてばかりだが)、怨念背負った主人公だから大丈夫!(なにがだ)
けっしてマヤ(ガラスの仮面)じゃありません。
怨念どころか怨霊までつくりだすアクドイ主人公なんて・・・・・・!!大好きよっ。
根は素直ないい子なので、すごく愛おしい。

アニメ化になる前におひとつぜひぜひどうぞ(業者の回し者のよう)

というわけで、最新刊まで読み終わりました。
やっと敦賀さんの謎が解けそうです。
そして、キョーコとクーの親子演技にちょぴっと涙。
敦賀さんがキョーコにデレになるたんびに、ときめきます。











一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2008-06-20(Fri) 21:24:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

スキップ・ビート(14)~(16) 仲村佳樹


★9/10 ネタバレ

いやー、面白わ、これ、ほんとに。
主人公のキョーコをコキ使い続けて利用して捨てた男のショウが、再びキョーコに告白するシーンは(実際にはできなかったけど)すごく痛快。
ざまぁみろ、とキョーコにかわってガッツポーズ。
キョーコの知らぬところで、ますます三角関係がヒートアップ。
更に、ビジュアル系ストーカー(笑)な男まであらわれて、どうなることやら。
あんなに憎々しかったショウが、だんだん可愛くなってきた。
ビジュアル系ストーカーには負けず、歌の世界で一位になって欲しいよ。
キョーコには敦賀さんとくっついて欲しいけど。
あー、面白い。
キョーコの怨念サイコー。



一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2008-06-19(Thu) 11:26:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

スキップ・ビート!(9)~(13) 仲村佳樹

    
★9/10

ド根性モノから恋愛要素が濃厚になってきました。

っていうか、何このキラキラしい絵!
あまりにもキラキラしすぎて直視できません。
なんか恥ずかしさすら感じるキラキラさ。
敦賀が笑うと恥ずかしすぎる(笑)








一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2008-06-10(Tue) 21:46:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

スキップ・ビート(1)~(2)仲村佳樹

    
★8/10
芸能界 根性 シンデレラ(というか自分からガラスの靴を奪いにいく)ストーリー

一時期「花とゆめ」を買っていた頃に、この漫画を読んでけっこう面白いなあと思った記憶があります。
でも芸能界ものってまったく惹かれない要素なので(むしろ敬遠)、いつか機会があれば全部読んでみたいなあと思っていた1冊でした。

久しぶりに少女マンガで、少女マンガらしい華やかな画面と漫画の世界に惹きこませてくれるストーリーの漫画に出会えました(失礼)
そして少女マンガらしい主人公のキョーコ。
少女マンガといえば、雑草系主人公が王道だと思うわ。
少女マンガの主人公はキラキラしたお姫様系とか内気なお嬢様系と思っている人はもはやいないと思うけど、それはあくまで少女マンガを読まない人が思いこんでいる少女マンガ主人公なのよね。
私が知る限り、今も昔も少女マンガの主人公は雑草系。
いつだって自分から行動する子が多かったと思います。
ハイカラさんだってガラスの仮面だって、ときめきトゥナイトだって、主人公は自分から幸せをつかみに行ってたわね。
そしていつだって男主人公は、そんな女主人公の「ド根性と気合」に惹かれていたわよね。
最近の女は強くなったとよく聞きますが、少女マンガの中では今も昔も主人公の魅力は「ド根性と気合と運命をねじまげる強さ」だったような気がするわ。
私が好んでそういう主人公の話を読んでいた・・・とも否定できないが(笑)
(ちなみに、完璧なシンデレラストーリーが読みたいならBLの中から探すほうが早いです。むしろ、ド根性と気合で男に好かれようとする主人公のBLが読みたいです。)
そういう意味で、王道も王道な少女マンガをスカーッと気持ちよく読ませてくれたのが、この漫画でした。

面白いし、これからも読み続けます。







一般漫画 ナ行 仲村佳樹 | 【2008-06-02(Mon) 15:43:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。