スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

羅川真里茂 ましろのおと(6)

ましろのおと(6) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(6) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/06/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る


もし物憂いイメージだったらごめんね
あたし 楽しいのが好きなの

姿勢もメチャメチャ俺と真逆や
俺には俺の武器がある
せやけど たまに どうしようもなく悔しなる


雷先輩のシーンは鳥肌が立ちました。
期待されてるかもしれないイメージを知ったうえでなお自分のイメージを通したってところに、
曲に対するそして自分自身に対する雷先輩の誠実な姿勢を感じた。

梶君の気持ちは、誰でも感じたことあるかもしれない。
「自分はこういう人間である」と自覚した人であっても、憧れへの胸の痛みは完全に消えることはない。
荒川潮くんは気づいてないかもしれないけど、きっといずれ彼にも梶君への憧れは生まれると思う。
気づかないままかもしれないけど(笑)
他の音・イメージの存在を認めた時、自分にないものへの憧れは強くなり嫉妬を知る。
もし、嫉妬のないままの人間だったら、それはまだ視野が狭いのか許容範囲が狭いのか。
嫉妬は苦しくて醜いものかもしれないけど、それを知らなくては世界は広がらないような気がする。
とはいえ、視野が広ければいいという世界でもないと思うんだけどね。

前作は、テニスという勝ち負けがハッキリと決まる世界の話だった。
今回は、感性と好みが絡んでくる。
それだけじゃなく、キャラクターの背景や感情がダイレクトに出てくる世界かもしれない。
メンタルをコントロールするのではなく、利用する世界。
続きがすごく読みたいです。






スポンサーサイト
一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2012-06-21(Thu) 15:58:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

羅川真里茂 しゃにむにGO(1)~22() 再読



【送料無料】しゃにむにGO(第1巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第2巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第3巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第4巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第5巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第6巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第7巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第8巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第9巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第10巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第11巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第12巻)
【送料無料】しゃにむにGO(第14巻)

胸を熱くしながら再読しています

高津平太と浅野卓生のトイレシーンは何度読んでもニヤニヤする。
黒田秀樹ふくめ、この3人はリアルに好きなタイプ。

黒白ペアVS高科栗田の試合がいい。
黒田への愛が詰まってる。
白ちゃんも高科も自分が勝つだけのためではなく、黒田のための試合している。
そういうのが出来ることにとても尊敬する。
かっこいいな。

リアルタイムで読んでいた時は、十茂&英一の関係が好きでした。
それが、今読んだら『閉じた世界』のさみしさに気づいた。
草間さかえさんの「されど美しい日々」というマンガに
閉じた世界はきっと暗いよ
それは幸せとは違うんじゃないかな

というセリフがあるけど、2人の関係はまさしくそれだったのかなと。
当時私は「閉じた世界が良い」と思っていたので、このセリフが消化できず残っていた。
閉じた世界の暗さがわかる今は、十茂&英一の関係は幼いものだったんだな、と気づかされました。
だから、変わってゆく二人を応援したくなる。
同じマンガでも、成長して読み返すと全く違う感想を抱くのだな、と改めて実感しました。

それと今さらすぎるけど、佐世古駿のかっこよさに初めて気づいた。
そして変わらずミレーユがおかわゆーございました。




一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2012-02-29(Wed) 13:16:46】 | Trackback:(0) | Comments:(51) | [編集]

羅川真里茂 ましろのおと(1) 再読

ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)
(2010/10/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る


おめの音で 奪え

おめぇは 此れをどんな「音」にする?



ゆーっくり再読中。
youtubeで「よされ節」と「じょんがら節」を聴きながら、そのシーンを読んでみた。
マンガをより深く知るために聴いてみようと思ったけど、何度も聴いてるうちにマンガを解説書代わりに音楽メインで聴いてた。
三味線いい!!
奏者がいい!!
静かにこもるような熱と真剣みに、今まで私の引出しになかった表現を見ました。
余計なパフォーマンスも笑顔もない。
奏者と聴者のコミュニケーションが遮断されているように見える。
普通はマイナスとなるはずの要素なのに、どうしてこんなに惹かれるんだろう。
憧れる、ではなく、焦がれる。
シンプルで強い。
聴いていると雑念がとんで行ってしまいそうで、瞑想状態になるわ(笑)
こういう表現があることを知ることが出来てよかった。
日本人はかっこいい、と思った。
世界基準の表現とは正反対の日本独自の表現は、独特でかっこよすぎる。
現代っ子(というほど若くない)の私には、新しさを感じた。
奏者ではなく「職人」という言葉が浮かんだ。




一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2012-02-14(Tue) 17:33:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

羅川真里茂 ましろのおと(5)

ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/01/17)
羅川 真里茂

商品詳細を見る


ついに津軽三味線甲子園開幕。
CD付きを買えばよかったかも。
津軽三味線を弾いているところを読んでいたら、とっても聞きたくなりました。
福岡、大阪、マイマイ(青森)、雪たち(東京)、個性豊かな描かれ方をしたら、聴き比べたくなるじゃないか。
プロじゃなく、学生たちの荒削り(だろう)津軽三味線を聴きたい。
というわけで、youtubeにて津軽三味線大会学生の部を見てみたら、こりゃハマる予感満載。
三味線習いたーい!

一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2012-02-13(Mon) 14:13:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

羅川真里茂 ましろのおと(4)

ましろのおと(4) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(4) (月刊マガジンコミックス)
(2011/09/16)
羅川 真里茂

商品詳細を見る


胸が熱くなるなあ。
人間関係が繋がってきて、それぞれの人間性が際立ってきました。
正直、この巻からやっと面白くなってきたよ。
1巻から3巻までは、三味線の魅力とはなんぞや、ということ中心。
メジャーではない題材を扱うマンガとして当然の流れだけど、三味線への情熱やら三味線奏者同士の感情の交わりや成長などを読むのが好きなので、いよいよ本題に入ってきた感じ。
ふわっと恋愛要素が入ってくるので、雪はどの子とくっつくかなぁと想像しながらも読んでます。
オタクとしては結ちゃんが大好きです。
オトコ前で行動力あるのもオタク娘にはアルアルだし。
結ちゃんの思考回路や行動が、自分や友だちとカブっていて親近感わくわ。
可愛い子云々の嫉妬する気持ちがすごく共感できるうえに、それをイヤラしく感じさせないのはさすが羅川さんの漫画だなーと思いました。
嫉妬する子に対して読者が、嫌悪感ではなく頑張れと応援したくなるようなキャラの描き方は何気にすごいと思う。
あと雷ちゃんも好き。
腐女子だからというわけではなく、雷ちゃんタイプの人間が好き、と私にとって鉄板キャラなのよ。

一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2012-02-08(Wed) 14:46:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

羅川真里茂 ましろのおと(1)

ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)
(2010/10/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

【大好き】

だいっすきな羅川真里茂さんの新作。
【超好き】と書きたかったけど、まだまだ1巻。
そう簡単に言い切れないほどの切実さが伝わってきます。
生きるってことは、どんな道でも真剣だもの。
それが、いつも羅川真里茂さんのマンガ(キャラ)から伝わってくる。
雪や若菜からはもちろん、ユナちゃんやタケト、梅子さんだってみんな真剣に自分の道を歩いてるんだなと、まだ1巻だというのに、それぞれが背負ってる「本気」が見える。

そして五感を刺激する絵。
それだけじゃなく、白黒の絵なのに色を感じるから不思議。

そして、雪が三味線を弾くシーンが、どれひとつとして同じ音じゃない。
川辺で弾くシーンは、優しくて自然と一体化したかのようなのびのびとした音が。
ライヴ会場で弾くシーンは、静かで激しく雪の内側がもれ溢れ出るような音が。
梅子の伴奏では、掛けあいのような競争のような上へ上へと駆け上がる音が聞こえてくる。
今猛烈に三味線が聞きたくて仕方ないです。

若菜ちゃんがどう行動していくのか、一番気になるところです。
敗北を感じるのは、それだけ真剣に三味線に向き合っているから。
若菜ちゃん、若菜ちゃん、若菜ちゃん・・・・・・。
わたしはやっぱりこういう人に弱いんだー。

羅川真里茂さんのマンガは、「キャラ」ではなく「人」と言った方が違和感がないです。




一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2010-10-22(Fri) 00:23:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

しゃにむにGO!(23)~(29) 羅川真里茂


06.06/06.10/07.02/07.06/07.10/08.02/08.06 白泉社 \390
★10/10

長らく中断していた「しゃにGO!」が、このたびめでたく完結を迎えたということを知り、どーんとまとめて読んでます。
この高ぶる気持ちをどうしよう。
このマンガは、私にとって教科書であり特効薬です。
心が熱くなる。
心をがっちり掴みとられます。
本当に、丸い爪が食い込んでわし掴みされてしまう。

本の感想・・・本の感想・・・たくさんある。
思うことはたくさんあるけど、とにかく外へ出てなにか夢中になることを見つけたい。
だれかに会いたい。
だれかと語りたい。笑いたい。成長しあいたい。
そんな気持ちでいっぱいです。


一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2009-06-04(Thu) 15:07:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

風光る(11)~(24) 渡辺多恵子


02.04/02.08/03.02/03.07/03.12/04.07/05.01/05.08/06.01/06.06/06.12/07.06/07.11/08.05/
★8/10

表紙を並べると楽しい。
どの表紙がお好き?

前回の感想で山南さんが好きだと書いたとたん、彼は腹をかっさばいて果ててしまいました。
なんてこったい。
新撰組のみなさんってそれぞれ死んじゃうの?
でも、私の苦手な悲壮感がまったくないから、山南さんが死んでもすっと乗り越えていける。
うーん、少女漫画のすばらしさよ。
沖田さんがセイちゃんへの恋慕を自覚したり、あわやセイちゃん切腹しそうになったり、尼になろうとしたり・・・。
セイちゃんが女装(女装?)するエピソードが多くてうれしい。
セイちゃんへの気持ちを自覚した沖田さんは、とってもかわいくてかっこよいです。
うん、これなら斉藤よりも沖田ダヨネってあっさり宗旨替えしました。
もちろん変わらず斉藤さんも好きだけど、恋を自覚した沖田さんの男フェロモンは強烈でした。

そういえば、数年前に大河ドラマで新撰組をしてたよね。
配役がみんな線が細い役者さんだったので興味なかったんですが、見てみようかなー・・・と思って今キャストを見返してみたけどやっぱり見ないと思います・・・。
やっぱり、渡辺さんのデザインが一番好きだんだよねー。




一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2008-12-04(Thu) 13:54:18】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

しゃにむにGO 22 羅川真里茂

しゃにむにgo(第22巻)


何、この表紙。留宇衣がお色気担当という公式発表ですヨネ!ネ!?
内側の牛乳飲む白ちゃんもプリチー☆

22巻は、黒田と白ちゃんの話が中心かな。
一番好きなシーンは、高科の弱点を狙った白ちゃんに黒い笑みの高科君。あと赤面駿ちゃん。
高科と白ちゃんのコンビってけっこう楽しい(笑)
あとはねーなんかねー、最初は「佐世古なんて邪魔しやがってキライだ!伊出がんばれよ!」と思ってたのに、真面目純情な駿ちゃん見てたら、なんだかひなこしゃんは駿ちゃんとくっついた方が絶対にイイ!と宗旨替えしてしまいそう。
あ、でもそういえば駿ちゃんとひなこしゃんってたしかお家のゴタゴタがあった気が……。まあいいや。



一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2006-10-09(Mon) 22:14:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

しゃにむにGO 21 羅川真理茂

 
しゃにむにGO (20) しゃにむにGO (20)
羅川 真里茂 (2005/06/17)
白泉社

この商品の詳細を見る

しゃにむにGO (21) しゃにむにGO (21)
羅川 真里茂 (2005/10/19)
白泉社

この商品の詳細を見る

21巻の新刊が出ていたので、買い忘れていた前巻と一緒に買いました。
羅川真理茂さんの漫画はやっぱりいいな。

最近の彼女の絵は線も体のラインも細くなって、むっちり好きな私には少し物足りないのがたまにきず。
本についてるビニールをはずして、かっこいいキャラを探すだけのつもりでパラパラーとめくってみたら・・・20分。思わず読みふけってしまいました。
だってね、どのページをめくってもキラキラ輝いてるっていうか、フェロモンが出てるんだもん。
どうしてこんなに魅力的なんだー!!
どうしてこんなにどのキャラも深いんだー!!!

生活する上でかっこよくありたいって思うじゃない?
青春時代は良かったと言うものの、頭を抱えて赤面するほど恥ずかしかった思い出は忘れたかったり美化されちゃったりするじゃない?(私だけかしら)
それを恥ずかしいまんまで描かれているから魅力的なんだな~と分析してみたり。
甘えたところも大人なところも残酷さも優しさも反抗期も弱さも強さも家族想いなところも自分勝手なところもすべてが絶妙なバランスで泥臭くまとまってる感じがすごいな~と思う。
羅川さんは人間が好きなんだろうな~と思う。
そんな真面目に語ってしまうほど、好きだわ。
絵がとびぬけて好きとか話が上手いよねとかいう漫画家さんはいるけど、『THE 漫画』として誰が一番すきかって聞かれたら、羅川さんがポンッと一番に出てくるわね。





一般漫画 ヤワラ行  羅川真里茂 | 【2005-10-30(Sun) 10:58:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。