スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

よしもとばなな まぼろしハワイ

まぼろしハワイ (幻冬舎文庫)まぼろしハワイ (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
よしもと ばなな

商品詳細を見る


まぼろしハワイ 姉さんと僕 銀の月の下で
の3作品収録。

表題作が好きです。
フラダンサーのあざみさんがとても素敵。
かわいくてかっこいい。
あざみさんの過去話になった時は『不幸を背負った女』設定に興ざめしたけど、
しつこくなかったので許容範囲でした。
今年の年始にハワイへ行ったので、その記憶や匂いが蘇ってきました。
あの島は、心を解きほぐしてくれるのと同時に強くしなやかに育ててくれる気がします。
たった1週間の旅行だったけど、1日目と7日目の写真の自分の表情が全然違うことに驚きました。

きれいごとだってみんな言うけど、そんなセリフはきれいごとがほんとうになるくらいまで生きてから言いな、って思うよ。


姉さんと僕は、僕=コーちゃんに苛立ちながら読んでました。
姉さんのことも好きじゃない。
けど、彼らの思うことは私の心の中にもあって、でもそれを文章として差し出されると苛立つという、
近親憎悪に似たものなのかもしれない。
なぜなら、彼らの言葉のひとつひとつが腑に落ちてしまうから。
それでも、リアルでこういう深く考えすぎる人たちと一緒にいたくないなと思う。

そんなことどうでもいいと思っている相手に、言えるわけがない。言っても意味がない。

人を本気で好きになって、ほんとうの自分の素顔が出てきたのに、それが気にいらないってことは、遊びだってことだよ。



銀の月の下では、痛いです。
主人公の母親は、たぶん、たぶんこのストーリーのキャラクターの中で一番自分に近い気がする。
特に、強い人特有の・・・のくだりは、私が意識的に目指している考え方なので。
私もこうなるのかもしれない、という不安がうまれました。
自分が気持ちよく生きれたらそれが一番いいけど、だからといって人の気持ちを無視してはならんのね。

それはさておき、広田さんに物申す。
私の読み込みが足りないせいかもしれないが、元奥さんにつけこまれたという発言はどうかと思う。
私から見たら、広田さんが元奥さんを利用したようにしか思えない。
もしかしたら、広田さんは万能じゃない実はどうしようもない男だという比喩なのかな。

でも、一回をやってみないと、二回目も三回目もないんだよ。

強い人特有の割り切った残酷さをいっしょに思いだしてしまうからだ。
その強さはあの日、私の中にあった最後の子供らしさ、かわいらしさをすっかり殺したと。



最近、少し心が死んでました。
頑張り方が分からず、自分を見失い、疲れていた、といったほうが正しいかな。
色々と動いていたのに、どこに行けばいいのか分からずに右往左往していた。
そんな気持ちを、この小説は洗い流してくれました。
よしもとばななさんのハワイの本を他にも読んでみようと思います。







スポンサーサイト
一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2012-07-05(Thu) 17:04:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

米井理子 タンブリング

タンブリング (幻冬舎文庫)タンブリング (幻冬舎文庫)
(2010/04)
米井 理子

商品詳細を見る

【大好き】
スポ根青春 ★★★★★
邪道読み ★★★★★
爽快感 ★★★★★


ドラマのノベライズ化なのかな?
ドラマを見てません。
初めて今、ドラマ公式サイトで出演者知りましたが、こっちは見ないと思います。
想像と違ったわー。

本の感想は・・・・・・
萌えた。
で、やる気がでた。

とても読みやすい文章。
こういうスポ根青春ものはいいなあ。
これを読んでる間中、やる気に満ち溢れていました。
最後の「ヤンキー更正」という文字に憤る東たちに、ああそうか、と。
好んでヤンキーでいる人たちにとっては、更正という文字は鬼門なのね。

続編・・・・・・とは言わないけど、二次創作をすごく読みたい。

東×悠太
木山×土屋


一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2011-05-30(Mon) 15:27:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

虎と月 柳広司


09.01 理論社/ミステリーYA! \1400
★9/10

学生時代に習った「山月記」覚えてない。
そういえば虎になった男がいたなあ・・・。
漢文は数学と同じくらい苦手でした。
というか、国語の教科書自体あまり覚えてないんだけどさ。
国語の授業が好きだったのは、国語が好きだったんじゃなく特に考えなくても答えがわかるから好きだったんだなあ、と今になって気づく。
大人になってから「山月記」を読んだ記憶をおぼろながらあるんだけど、やっぱりそんなに印象に残らず。
「何やってんだろ、この男」というくらいには思ったかもしれないが。

さて、山月記の思い出はこのくらいにして、本書の感想。
面白かったー。
何が面白いのか説明できないけど、例えば散歩しながら景色を見る楽しさ。
ジョギングではなく歩くこと。
意識せずに足を前後動かし移り変わる景色を見ていることに似ている。
意識せずにすっと頭に入ってくる読みやすい文章は、ただ読むだけで楽しいものなのかもしれないなあと思いました。
ただ、物語が進んでいくだけ。
そりゃ、そこには謎だの出来事だのあるわけだけど、読むのがただ楽しい。




一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2009-10-14(Wed) 16:27:33】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

贋作『坊ちゃん』殺人事件 柳広司

 
01.10 朝日新聞出版 \1500
★9/10

今、一番追いかけてる作家さん。

文章が好きだなあと思ったのですが、某レビューを読むと、どうやら夏目漱石の「坊ちゃん」と文体を似せているそうです。
なら、夏目漱石の本も楽しく読めるかもしれない。
というように、夏目漱石の『坊っちゃん』は未読でございます。
本書を読みおわり、他の方の感想文を読むまで、夏目漱石の『坊っちゃん』がベースになっているとはまったく気づきませんでした。

さて、感想です。

『ジョーカー・ゲーム』を読んだときも思いましたが、時代を感じさせないように書かれる作家さんだなあ。
昔物語にしていないというか。
時代背景に酔ってないというか。
そこがとてもときめく部分です。
ふと、今もこの作品のような事件が起きているかもしれない・・・なんて思ってしまうわ。

ミステリーかな。
犯人やトリックがあまりにもわかりやすいので、ミステリーとして読むには物足りないけど。
でも、人間関係のおもしろさでオールオッケー。
あっと驚くトリックよりも、謎を軸に動いていく人間関係が好きだもの。
というわけで、みんなから『坊っちゃん』と呼ばれる主人公『おれ』が、かっこいいやらかわいいやら。
普通でいることの異様さ。
癲狂院と外との関係のようじゃないの。
一体どちらが正しいのか。
癲狂院の医者がいう
「誰が正気で誰が狂気のうちにあるのか、そいつを判断するのは相対的な尺度でしかありません」
というのが、最後に係ってきたなあ。
単純な殺人トリックミステリーではなく、「おれ」含め「おれ」に関わる人間たちが「一体何者なのか」というミステリーだったのかもしれない。
すごくおもしろいなあ。

邪道読みとしても、存分に楽しめました。
平岡×おれ
山嵐×おれ
うらなり君×おれ
っていうか、四国のとある田舎の住民全員×おれ…みたいな。
みんな「おれ」の動向に注目しすぎ(笑)
そこがわくわくどきどきして「おれ」を通して読者(私)の自尊心が満たされる部分でもあるんだけど。

これが絶版なんて信じられない。
出版社は一体なにやってんの。
絶版といえば、服部まゆみの小説を絶版にする出版社が信じられない。
最近、絶版のサイクルが早くないですか?



一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2009-10-04(Sun) 00:30:26】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

ジョーカー・ゲーム 柳広司


08.08 角川書店 \1500
★9/10


書店でも目立っていた表紙ですが、あまりにスタイリッシュすぎて(ついでに著者名も題名もスタイリッシュ)読みにくそうだな~と思ってました。
が、「妄想日和」のうれしの。さんがブログでご紹介されていて、おもしろそうだったので手にとりました。

本に集中できないほどの上の空にいた気持ちが徐々に戻り、短編ならば、とさっそくページを開いてみたら・・・すごく読みやすい。
削ぎすぎず冗長でもない、情報が整理されたきれいな文章。
余計な現実のアレコレがスッと落ちていく感覚、それは小説の世界に覆われる瞬間。
それを、この本から感じました。
もしかしたら、「スパイ」という情を排除した展開が今の気分に合っていたのかも。

最後まで楽しめました。
小気味いいです。
ラストの話は、少し悲しかったけど。
でも、その他は爽快感があります。

ただ、ジョーカー・ゲームで佐久間と生徒たち・結城との関係がすごく面白かったので、佐久間が主人公の話がもうちょっと読みたかったなあと思いました。
じゃなければ、ジョーカーゲームと他の短編の主人公たちがどこかでリンクしてたらなあ・・・なんて。


ジョーカー・ゲームとロビンソンが一番好きかなあ。
柳広司さんの他の本も読んでみようと思います。
まずは、単行本になってるものから。
あ、ジョーカー・ゲームの続編が出てるみたいですね。
読みます読みます。

ちなみに、三好×佐久間。

こう書いた後でなんですが・・・。
男のかっこ悪さをかっこ良く書ける作家さんはわりといるけど、かっこいい男をキザにならずにかっこよく書いてる作品って初めて読んだかもしれない。
本気で惚れるわ。



一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2009-09-23(Wed) 23:51:33】 | Trackback:(2) | Comments:(0) | [編集]

レイトン教授とさまよえる城 柳原慧/レベルファイブ


08.12 小学館 \1500
★7/10

レイトン教授に柳原慧とくりゃ、読まないでいられるか!

と思っていたけど、哀しいかなタイミングが合わず。
ただいま私、レイトン教授に熱中している時期でもなく(3作目はプレイ中断中)、小説を読み漁ってるわけでもなく。

それでも、面白かったです。
文字のみの情報のせいか、レイトンとルークの印象がゲームと少し違って面白かった。
レイトンはゲームよりも紳士的でスッキリしたクールになってたし、ルークはゲームよりも聡明でイジワル(笑)で先生大好き加減も増していました。
ゲームは残念ながらシリーズ終焉をむかえましたが、本での2作3作目を期待したいなー。


一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2009-04-26(Sun) 16:14:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

コーリング 闇からの声 柳原慧


★9/10

活字倶楽部の読者紹介で紹介されていたので読んでみました。
おっもしろいです。
紹介してくださった方、ありがとうございます(ここを見てないと思いますが・・・)
じゃなければ、完全に手に取らなかったであろうよ。

特殊清掃員・・・。
たきがわ翔さんの「デス・スウィーパー」を好きで読んでいたので、そういう仕事情景が想像しやすかったです。
SNSに出てきた漫画編集プロダクションに勤めている慎吾は、きたがわ翔さんですか?とまで思いました(笑)
きっと、純也と零の話を聞いた慎吾の書いたマンガが「デス・スウィーパー」に違いない(笑)
でも、絵よりも文字で肉片が散らばる描写を読む方が気持ち悪いものね・・・。
異常プリオン、ヤコブ病、顔面破壊AV・・・読み続けるに耐えられない題材が多く、その部分を1P、2Pくらい飛ばして読んでしまいました。
実際にありそうだなあと思える内容に、背筋が寒くなります。
もう、他所様の家でお茶が飲めないっ(笑)
少しずつ謎が解き明かされるのも楽しいのですが、邪道読みとしてもすごく楽しめました。

主人公の純也は感傷的でナイーヴで立派な受けです(違)
純也を特殊清掃員として誘った零は、ちょっと悪魔的な攻めでした。
二人の再会からして、邪道的に楽しいです。

「ずっとおまえのことが気になってた。いつかは一緒に何かをやりたいと思ってたんだけど、ずいぶん時間がかかっちまったな」
(中略)
「悪かったな。ひとりで放り出しちまって」
僕は黙ってかぶりを振った。零が僕に何も言わずに出て行く。そこには、簡単に口にすることのできない、相応の理由があったに違いない。
「これから、おれと一緒に仕事やっていかないか」


ずっとおまえのことが気になってた!!!
これから、おれと一緒に(仕事)やっていかないか!!!
プロポーズ~。
迎えにきたー。
純也はホストにスカウトされたり美形と言われるわりに、マジメさとがたたっておばあちゃんにしかもてない。
零はそんな純也を

「おまえはもっとも女が手出しにくいタイプだからな。なまじ顔がいいだけに、お高くとまって見えるんだよ」
「いかにも女に無関心ってふうに見える」

といい紗莉菜さんには
「この子、女の子みたいにきれいな顔してるし」といわれるくらい。
零は百戦錬磨の沙莉菜ですら落とす魔力的な笑顔があるし。

SNSのパスワードのやりとりが、本当にじゃれ合いで可愛いです。

「嘘だあ。どうやって」
「教えたくないなあ」
零はしぶってみせた

とか。

「ええ、わかんないよ」
「なんでもいいから、言ってみ」
(中略)僕はやけのやんぱちで言った。
「reflex」
零はぽかんとして、僕の顔を見た。
「一発で当てるヤツがあるか」」
「えええ! ほんとにreflexなの」
零は、まずいものを飲み下したような顔で言った。
「ああ、ああ、マジでreflexだよ」
単純すぎる。僕は笑い転げながら叫んだ。


なに、この二人。
可愛すぎ。
仔猫のじゃれ合いみたいよ。

それとはべっこに、やけに好きな文面があります。
僕も零も、くたくたに疲れていた。おやすみの挨拶を交わすと、それぞれのねぐらに散った。
なんでここが好きなのかわからないんだけど、好き。
ちなみに二人の家は5分しか離れていません。
なんか、なんか、なんかスキー。
この距離の近さが好き。


脇役もいいキャラがそろっていて、タトゥーを背負った坊主のペニノ(しかもB系ファッション)はいい働きをしています。
ペニノがいなかったら100%問題解決できなかった!


これ、シリーズ化しないのかしら。
どう読んでもシリーズ化しそうな雰囲気なんですが、シリーズ化してほしいなあと思います。



一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2008-07-17(Thu) 16:47:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

コレデオシマイ。(風太郎の横着人生論) 山田風太郎

コレデオシマイ。―風太郎の横着人生論 コレデオシマイ。―風太郎の横着人生論
山田 風太郎 (2002/12)
講談社

この商品の詳細を見る

★10/10

ぱらりらとめくったら旧制中学の文字が眼に飛び込んできたので読んだわけですが。
こんなところにも、吉行淳之介氏の名前が(笑)
志賀直哉、乱歩、高木彬光、ほうほうほうほう。
そりゃ、旧制のあった時代に、比較的新しい人たちといったら、こういう名前がならぶわね。

面白かったです。
山田風太郎氏の本は一冊も読んでませんが。
エンターテイメントっぽいのが好きだったのかなあって思いました。




一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2007-07-04(Wed) 17:09:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

やややのはなし 吉行淳之介

やややのはなし やややのはなし
吉行 淳之介 (1992/02)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

★6/10

対談の方が、面白かったかなあ。
吉行さんが仙ガイ和尚の言葉をときどき思い出すといった、その言葉に私も感慨をうけつつ。
『気に入らぬ風もあろうに柳かな』
こんな人間になりたいなあ、と思いました。

そして立原正秋の名をこんなところで見ようとは。
そうか、同じ時代の作家だったんですね。
「冬の旅」が好きでしたが(それしか読んじゃいないけど)、立原氏は喧嘩っぱやくて「男っぽい魅力の持ち主」だったのですね。意外。

以前は、純粋に本の内容を楽しむがゆえに、作家自身の情報はシャットダウンしてきたけれど、こうして作家自身から入って小説を読むのも楽しいものだと気づきました。



一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2007-07-03(Tue) 16:21:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

やわらかい話(吉行淳之介対談集) 吉行淳之介


★10/10

読んだきっかけは、『白線帽の青春 東日本』という本を読んでからです。
その中で、吉行氏の母校、静岡高等学校の思い出話として、山田芳治と吉行淳之介の「真剣に愛した女性が死んだ場合、男はどのような態度をとるべきか」というテーマを話していたという。

山田がいう。
「ぼくは彼女のことを思い続け一生涯結婚しないだろう」
吉行はにやにや笑い、山田の意見の青臭さをあざけるかのように低い声で答えた。
「女はたくさんいる。一人の女性のために一生独身で通すなどというのはナンセンスだ。人生はどろどろしているものだ。死んだ人のことをいつまでも思い続け、悩むなどというのは時間の浪費にすぎない」

どうです。
こんなことを言う高校生。
しかも、彼はどこまでもキャラ立ちしてます。

授業中でも自分に興味のない講義が行われると、すっと席を立ち、教授に黙礼して教室を出て行った。

教授に黙礼!!
こっそりサボる輩は数多くあれど、正々堂々と黙礼してから出て行く豪胆さは、ちょっとかっこよすぎです。
どこの小説のキャラですか!?

そういうわけで、吉行氏のキャラを突きつめるべく読んだ対談集。
対談集・・・吉行氏云々よりも対談相手が濃かった!
桃井かおりって今いったい何歳だ!?

一番衝撃を受けたのが、金子光晴との対談。
今、こんな対談したら、確実に御用ですね。
昔話であっても、しちゃならん話として、ニュースでとりあげられること確実だと思います。最低。
1974年ということですから、随分昔は野蛮な時代(あえて野蛮といいたい)だったのだなあと思いますが。
今時の若いもんはとか、最近の少年犯罪はとか言ってますが、昔の方が確実に酷いです。なにが酷いって、犯罪を犯しても罰せられなかったことの方が断然多いであろうことが酷いです。
表沙汰にならなかっただけに、今以上に犯罪が横行していたに違いないと思うほどの内容でした。
まあ、何気に金子さんが男を寝たことがあると暴露してるあたり、萌えられなくもないんですが、それ以上に怒りが強かったかもしれません。

まあ、それはこの辺にして。
淀川長治さんとの対談も、とっても面白かった。
さよならさよならさよなら・・・
今の若い子でまさか知らない人もいるのでしょうか。
こんな喋り方をする方だったのね、と衝撃とともに、あのTVから漏れる淀川オーラを思い出すと、なにやら納得できるのです。
アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」を見たくなりました。
一度見たことあるのだけど、意味がさっぱり分からなかった。
若かったせいだと思うけれど(笑)

あと、吉行氏と先輩後輩の仲であった山口瞳氏との対談はとてもリラックスされてた様子です。
読んでる側としたら、すごく会話があべこべな、互いに言いたいことを言って互いの話をきいちゃいねえな、と思ったのですが、吉行氏の担当編集者が言っていたからそうなんでしょうね。
あれは、気の置けないもの同士たからこその会話の流れなんでしょうか。
あとの編集者同士の話で、山口氏が吉行氏を尊敬していて好きだったとあるんですが、吉行氏が酒場でシモネタなギャグをしていた時の話。

和田 そこに山口瞳さんがきたときがあった。山口さんはそういうことが大っ嫌いな人だったでしょう。他の若い者がやってたら絶対に怒るんだけど、吉行さんだから怒れなくて、とても複雑な顔をされて……。苦々しい顔をされるんだけれども、文句は言えないっていうところにいあわせたことがあります。

丸谷 面白い。そうなのね。あの人は長幼序ありみたいなところがあるから、自分が好きな人で先輩が変なことをしていたときには許すんだろうなあ(笑)。

和田 許したくないような顔をしてたような気がするんだけど(笑)。真ん中へんに僕がいてね、両方見てて。面白かった。

ここで妄想できた人、手を挙げて!(笑)
私はがっつりできました。
その起爆剤となったのが、一緒に借りた「特集「山口瞳」」という本。
その中で、吉行氏の優男ぶりもさることながら、山口氏もけっこうな美形なんです。
まあ、美形じゃないという人もおろうかと思うが、早稲田大学高等時代の写真は、とても優しげで整った顔をされています。
私のど真ん中の好みです(笑)
まあ、この本については、明日にでも感想をアップしたいと思いますが、山口氏の真面目な石頭加減、そして吉行氏の女好きな柔らか加減を隣同士に考えると、とても互いにキャラ立ちしあってて、「これは私に小説の1本でも書けというお導きなの!?」と思わざるを得ないほど、カップルとして最高です。
あ、BL妄想の中で、です。
つーときたらかー。
QときたらA。
南といったら北。
光と闇。
太陽と月。
赤と青。
そんな感じにキャラ立ちしてて、とっても楽しいです。

それにしても、吉行氏とは本当に不思議な感じの方ですね。
冗談の中に本音をちりばめていくような、やわらかく礼儀正しい気もする一方どこか人をくったような感じも受けるのが魅力的です。
そういえば、NHKドラマ「あぐり」の主人公の息子なんですね。
あぐり、見たくなりました。
そして、あの美人な吉行和子さん(好みの顔です)のお兄さんなんですね。

吉行氏のエッセイはまだまだ読んでみる価値はありそうです。
おもしろいキャラしてる。
しかも、吉行氏の本妻と愛人がそれぞれ吉行氏との愛の日々を語った本を発行されているようで。
これも読む価値ありそうです。
すごい男だな、吉行!





一般小説 ヤラワ行  未分類 | 【2007-07-03(Tue) 00:02:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。