スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

末次由紀 ちはやふる(18)

ちはやふる(18) (BE LOVE KC)ちはやふる(18) (BE LOVE KC)
(2012/09/13)
末次 由紀

商品詳細を見る


この漫画の好きな所をまた発見した。
必ず誰かが『頑張り』を見ていてくれるんだ。
桜沢先生がちはやにアドバイスしたことにショックをうけた理音がガムシャラなカルタをしだした事に、桜沢先生は気づいた。
そして心の中でだけど励ましている。
机くんが負けた試合は、かなちゃんがしっかりと見守っていた。
17巻の花ちゃんの切ないシーンも、かなちゃんが見守って言葉をかけている。
誰かが見ててくれている、孤独じゃないって思えることは、すごく心が癒される。
悔しさや悲しさの感情は共有できないけど、「悔しい思いをしたね」「悲しい気持ちをしたね」と気づいてくれる人がいることで、孤独感だけは薄らいでいく。
誰かが自分の感情に気づいてくれている、ということは、本当に心が救われることなんだと思う。
私もかなちゃんのように、色々な人に目を向けていける人間になりたいなあ。

宮内先生の

私はどんなふうにあの子を助けてあげればいいのか

のセリフには泣きました。
今まで読んできた漫画の中で、こんなに弱く優しく人間らしい先生はいたかしら。
先生も人間である開き直った友達先生でも、達観して人生を教えてくれる理想の先生でもない。
後者の先生らしい先生といえば、ちはやの担任のハゲた先生(笑)
でも宮内先生は「お母さん」のように、温かくて優しくて寄り添いたくなる。
「先生大丈夫だよ、考えてくれて思ってくれてありがとう」と抱きしめたくなるような先生。
先生を抱きしめたくなるって、あまりないよね。
もしかしたら、私が大人目線で漫画を読んでいるせいなのかな。






スポンサーサイト
一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2012-11-16(Fri) 14:47:46】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

末次由紀 ちはやふる(18)

ちはやふる(17) (BE LOVE KC)ちはやふる(17) (BE LOVE KC)
(2012/06/13)
末次 由紀

商品詳細を見る


何かと真剣に向き合う人の姿は、どうしてこんなに感動するんだろう。
それぞれの真っ直ぐさに涙が出る。

かっこ悪くていい

という太一の台詞にぐっときた。
ちはやや新、詩暢ちゃんとも違う、太一のカルタとの向き合い方。
天才ならごく自然に出来る事を、練習を思い出し頭で組み立てて言い聞かせながらする太一のカルタ。
余計な考えや我をそぎ落としてカルタのみに集中していくまでに、周防の言葉を思い出してイラッとしたり雑念にかられるところにとても共感した(笑)
私なりの解釈だけど、太一は「誰か(天才)になりたい」という気持ちを諦め「自分のカルタをする」ということに気づけたのかな。

そして、花ちゃんの切ない片想いにも泣きました。
太一がちはやの腕を握る所を見た花ちゃんの表情に号泣。
花ちゃんが登場した当初は、ストイックなカルタ漫画(笑)の中でチャラチャラした子に見えたからいまいち好きになれなかったけど、私は思い違いをしていた。
カルタに真剣だから頑張ってる子というわけじゃない。
花ちゃんは、太一を真剣に好きで頑張っていた。
太一には花ちゃんのように支えてくれる子が合ってると思うけど、それは花ちゃんの切なさを知ったせいなのかな。
太一って結構尽くされて喜ぶタイプだと思うんだけど。


一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2012-11-16(Fri) 14:32:19】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

末次由紀 ちはやふる(12)(13)

 

【大好き】

13巻が特にぐっときた。
机くんと肉まんくんにぐっときた。

自分が前に出なくてもいいと思ったら 気持ちが矢面に立たなくなった瞬間から
力の現状維持さえ難しくなるんだ


その通りなんだよー!!
けど、机くんは縁の下で矢面に立っている。
ノートで記録をとったり、情報収集のために頭をさげたり。
だけど、裏で戦ってるとモチベーション維持が難しくなると思う。
それでもクタクタになるまでみんなと違う方法で頑張ってる机くんは、尊敬するなー。
そして自分の気持ちをまっすぐにぶつける肉まんくんも尊敬する。
なんて、まっすぐな子たちなんだ!
肉まんくんって顔はアレだからアレだけど、キャプテン資質だなー。
意外と肉まんくんを好きな女子はいそうだ。

際どくても引いたらダメだ
勝ちたかったらモメろ


きっと後悔をたくさんしてきてるから、アドバイスができるんだろうな。
ほぼ関係ないけど、身内から”いい子でいろ”と言われるよりも”モメろ”と言われたほうが楽になるのでは。
なんて、本当に関係ないけど、ふと思ったのでした。

そして恵夢たんにむらがるカメラ小僧。

だけど僕らは欲にまみれる君が見たい

にはぞくぞくしました。
萌える。















一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2011-09-20(Tue) 11:56:59】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

末次由紀 ちはやふる(11)

ちはやふる(11) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(11) (Be・Loveコミックス)
(2010/12/13)
末次 由紀

商品詳細を見る

【大好き】

いい。
いい。
いいー!!

須藤さんが魔王すぎておかしい。


一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2011-02-11(Fri) 02:28:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

末次由紀 ちはやふる(10)



【大好き】

気持ちがダレてるとき、このマンガを読むと喝がはいる。
じわりと熱いものが胸から指先つま先まで染みていく。

自分のことも棚に上げても
"一生懸命は楽しいぞ"
言いたくなって
自分は、そうやれなかったくせに 後悔だけはするから――


これだけのシーンなんだけど、坪口さんの「思い」が伝わってきた。
誰かを愛情持って育てようとしたことがある人なら、坪口さんの気持ちは痛いほどわかるんじゃないかなあ。
8巻の試合後の坪口さんの涙は、負けたことに対するものだけじゃなく色々な悔しさや後悔の涙でもあったんだなろうなあ。
きっと試合が終わってから、これまでのことこれからのことを一生懸命考えたんだろうと思った。
顧問になった坪口さんは、最高にかっこいい。
何事も習うなら、天才ではなく後悔や挫折を味わって色々なことを考え抜いてきた人がいい。

自分が一人じゃないことくらいわかってる
でも
一人でも強くなりたいんだ

団体戦は個人戦
札と向き合え
仲間を信じて一人になれ


このマンガを読んでるのが、今で良かったと思う。
きっと学生時代に読んでても、今のように身に染みて感動できなかったと思う。
『一人』をとても怖がっていた学生時代に。

坪口さんは私!? っていうくらい、彼の言葉に共感できる。
太一の努力に励まされる、というのがすごくよくわかる。



どうして「ちはやふる」ってこんなに面白いんだろう感動するんだろう、と、も一度この10巻を読みかえした。
思うに、それぞれの年代、立場の『思い』が交錯しているからじゃないかな。
一言で言えば『(スポ根?)青春物語』なんだけど、高校生『だけ』の視点で描かれてるわけじゃないんだよね。
色々な種類の『一生懸命』や『頑張り方』が読める。
カルタという一つの目標にみんなが目指しているんだけど、登り方・接し方はそれぞれ違うもの。
自分に合ってる道程で孤独になったり、自分と合わない道程でもがいていたり、そういうのが描かれていて心に響く。
かっこいい頑張り方なんてしなくていい。
滑稽で気持ち悪くても、自分が納得できる頑張り方をするのがいい。
頑張り方に間違いなんてないんだよね、と改めて思った。

佐々さんと太一を見てて、すごく励まされた。
そして、先生それぞれの教え方ってのも、こちらの教え方が良くてこちらがダメということではなく、その教え方がハマるかどうかなんだなって。


そして須藤先輩が一番好きです!








一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2010-12-07(Tue) 16:15:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

末次由紀 ちはやふる(9)

ちはやふる(9) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(9) (Be・Loveコミックス)
(2010/06/11)
末次 由紀

商品詳細を見る

★10/10

笑って泣いてきゅんときて。
その上ガッツまでもらえる最高のマンガ。

村尾さんの

さ、やろっさ

のシーンに心打ち抜かれた!
かぁっこいー!
こういうひと、ほんとかっこいい!!
惚れるわマジで。

あと肉まんくん、かっこいい!!

おれはA級で、部でいちばんかるた経験は長い
おれが教えるんでいいか?


ってさ、この言葉が言えるようになるまで、どんな気持ちを抱えてきたんだろう、っておもうと胸がジーンとなる。
なにより

強くしてやるから

ってすごい言葉だよ。
男前すぎるよ、肉まんくん!!
きっと、最高の指導者になるんだろうな。
こういうひとに教わりたい。
自分の能力を把握して、その役割に徹しようとするひとって、もう尊敬の域。

同じかるた部員でも、それぞれ目指している方向が違うことがわかってきた9巻。
かなちゃんも太一も肉まんくんも。
ちはやは迷走ぎみ(笑)
にしても、それってすごい。
『自分はこれでいく』と決めた瞬間から、どんなに仲間といえるひとがいても、孤独になるじゃない?
その怖さを自分の中にぐっと飲みこんで、『自分が』目指す方向にすすむ。
あ、でも夢に燃えてるときは、そんなこと考えないかな。
「この道でいいのかな」と立ち止まった時に、孤独に気づくっけ。
それでも、やっぱりすごい。

心の自立ってこういうことをいうのかな。
このマンガってスポ根なんだけど、『みんなで支えあって』、ってかんじじゃないのね。
元が仲よしこよしではじめた部活じゃないからかもしんないけど。
それぞれのかるたに対する『思い』をかかえている。
でも『かるたがやりたい』という所で、強くつながっている。

みんな、ほんと、かっこいい!!!
そして、やっぱりかなちゃんが好き。
一年生陣も・・・・・・これは、好きというか「いるいる」的な。
特に筑波くん。
どんな活躍してくれるのか、楽しみです。



一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2010-09-29(Wed) 22:54:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

末次由紀 ちはやふる(8)


2010年03月 講談社/BLKC \440
★9/10

ワハハハハハハハハハ!!
詩暢ちゃんのぷっくらした姿がかわいすぎるー!!!
ゆーみんの「なのにどうよ!今年のこの丸まりよう」のつっこみ大好き。
詩暢ちゃんの試合シーンは、何度も何度も読みかえしてます。
丸い詩暢ちゃんの方がかわいくて好きだな(笑)

周防さんへの残念な解説も好き。
読手の山城今日子さんに「好きです」の念を送るとこも、ぞっとする今日子さんも(笑)
念を送る周防さんが、かわいい。

今回は笑いが止まらなかった。
坪口くんが負けた後に原田先生と会うシーンは、一気に涙が溢れたけど。

カップリングは、周防×詩暢ちゃんを押します。
きっと、周防さんは丸い詩暢ちゃんの方が好きじゃないかという妄想。
も、ほんと、詩暢ちゃん最高。

一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2010-05-21(Fri) 12:10:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

末次由紀 クーベルチュール(1)

クーベルチュール 1 (Be・Loveコミックス) (BE LOVE KC)クーベルチュール 1 (Be・Loveコミックス) (BE LOVE KC)
(2009/12/11)
末次 由紀

商品詳細を見る

★10/10

おばちゃんの話が好き!

一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2010-05-03(Mon) 23:26:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

末次由紀 ちはやふる(7)


2009年12月 講談社/BLKC \440
★9/10

周防×太一

あ、つい邪道センサーが発動しちゃった!

新がかるたの世界に帰ってきたことを、太一が

いやだと思うと一緒に おれの中にもやっぱりあるんだ やった

とおもう、複雑な心境にワカルワカルと共感。
前々巻でもそうだったけど、太一のセリフがいちいちシンクロするわー。
あと、りりかちゃんとの試合中、千早のかるたが速さだけでなく呼吸の意味がわかっていくシーンがとても好き。

新の試合をみた千早ちゃんが水の中にいるイメージの絵。
こういう気持ち、すごくわかる。
久しぶりにBL読んだらこうなるのよねー。
ちょっと違うか。
・・・・・・かなり違うか!

やっぱり頑張ってる人はいいなあ。

一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2010-04-16(Fri) 22:48:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ちはやふる(6) 末次由紀


09・09 講談社/BLCK \419
★8/10

かなちゃん、好き。
もちろん主人公はちはやだし、ちはやもかっこいいし、好きだけど。
わたしはかなちゃんになりたい。

一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2009-09-23(Wed) 22:48:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ちはやふる(5) 末次由紀


09.06 講談社/ビーラブ \419
★10/10

胸が熱さそのままの熱をもった涙が出る。
クイーンが出てきたとき、好きになれないだろうな~と思った。
千早との試合が終わったあと、クイーンが好きでたまらなくなってた。
だって、同じカルタに情熱をかける同志だもの。
敵でもカベでも、カルタを愛する気持ちは同じだもの。
ま、ちょっとヌけてるところが一番好きなんだけど。

太一が試合に負けた涙にぐっときた。

泣くな。
おれはまだ泣いていいほど賭けてない。
〝悔しい〝だけでいい。




一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2009-07-29(Wed) 14:01:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ちはやふる(1)~(4) 末次由紀


08.05/08.09/08.12/09.03 講談社/コミックスビーラブ \409/3巻から\419
★10/10

巷でもめっぽうおもしろいと噂のマンガ。
表紙やあらすじを見ても読みたい動機は盛りだくさんでしたが、4巻のメガネにつっかかって読むことをためらってました。
ちょう個人的かつ偏見に満ちた理由なんですが、最近人当たりのいい黒縁メガネ男子から乙女心をしたたかに傷つけられたのよ。
人当たりのいい黒縁メガネ男子のウワベに、もう二度と利用されるもんか!
ということで、ただいま人当たりのいい黒縁メガネ男子を激烈(脳内)抹殺中。
そう、まさに「ちはやふる」の4巻表紙の彼のような男を。

というのに、ふと気が向いたので読んでみました。
やだなにこれおもしろい。
胸が熱くなるじゃないの。
百人一首がしたくてたまらなくなる。
ぐっとくる。
願わくばこれから先の展開で、恋愛ゴトでグダグダして欲しくないなあ、と思います。
少女マンガなので、そうはいかんのでしょうが・・・。
週刊少年マガジンで掲載されていてもおかしくないってくらい、青春が熱いです。
そして、やっぱり新を好きになってしまいました。
あーもう!

マンガ家さんの末次由紀さんは、出身がかなり地元らしいので、そういうこともあり応援しようと思います。



一般漫画 サ行 末次由紀 | 【2009-07-20(Mon) 18:24:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。