スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

魔術戦士デルゴとカイラ姫

デルゴ [DVD]デルゴ [DVD]
(2010/12/03)
フレディ・プリンゼ・Jr、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット 他

商品詳細を見る

【いまいち】

どのキャラクターもブサイクで、見ているのがつらい。
愛嬌あるブサイクに思えなかったので、なおつらい。
「アバター」は、そうでもなかったんだけどなあ。
CGアニメ好き、キャラの容姿は気にしない方なら楽しめるかもしれません。
私は……早送りしながら見ちゃった。

スポンサーサイト
映画・DVD アニメ | 【2011-06-09(Thu) 13:42:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

鴉-KARAS-(全6話) m001

鴉-KARAS- フルエピソードエディション(2枚組) [DVD]鴉-KARAS- フルエピソードエディション(2枚組) [DVD]
(2009/10/28)
和田聡宏、渋谷飛鳥 他

商品詳細を見る

【普通】

面白くなくはない。
好きな人は好きだとおもいます。
私も、妖怪とかなんちゃらとか好きだし、守るために戦ってるのに守る側から追われてしまうヒーローなんてネタは大好物。
だけど、構成が全体的に分かりづらかった。
イマドキというかパズルのような構成に、いまいちついていけず。
画面が彩度をおさえたクールな感じで、それを裏切らないクールなストーリーにも、少し苦手意識があります。
シリアスで暗すぎるアニメが苦手なのです。
キャシャーン(映画)を思い出しました。
設定が好きなだけに、ちょっぴり残念。
でも、気になる。
何度でも見てしまう。
また見たくなる。
そう思うのって、構成がパズルっぽいからかもしれない。
二次創作が読みたくなるような、余韻がのこるアニメでした。

映画・DVD アニメ | 【2011-01-13(Thu) 14:45:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ホイッスル(1)(2)

ホイッスル! Number 1 [DVD]ホイッスル! Number 1 [DVD]
(2002/07/17)
小向美奈子前田剛

商品詳細を見る

ホイッスル! Number 2 [DVD]ホイッスル! Number 2 [DVD]
(2002/08/21)
小向美奈子前田剛

商品詳細を見る

★8/10

1.BREAK THROUGH THE WALL -壁をつき破れ!-
2.RUN WITH TEAMMATES -仲間と共に走れ!-
3.HIT THE GOAL -ゴールを決めろ!-
4.NEVER GIVE UP ON THE FUTURE -未来(ゆめ)をあきらめるな!-
5.GOTTA BE THE FORWARD -FWの座を勝ち取れ!-
6.VENGE FORWARD -壁を抜け!-

ずいぶん前にマンガを読んだことがありおもしろかったので、アニメも見てみた。
といっても、あまりストーリー憶えてない。
意外と絵がかわいいー。
原作の雰囲気そのまま。
風祭くんが「小さいけど頑張るんだ!」と繰り返しながら練習にはげむ姿はいいなあ。
元気とやる気がもらえる。
今んとこ、風祭くん総受け。
お兄ちゃん(攻)×風祭くん。
マンガを読んでいたときも、それに萌えてたかも。
あとシゲね。
アニメでは、香取先生がマンガ以上にウザキャラだったような気がする。
まったくもう!と何度思ったことか。
風祭くんの棒読みが最初は気になったけど、途中からそれが逆におもしろく感じてきた。
慣れってこわい。
そこまで思いいれの深いマンガじゃないからかも。
最後まで地道に見続けていこうとおもいます。
原作を読みかえしたくなってきたー。





映画・DVD アニメ | 【2010-09-23(Thu) 17:47:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

新世紀GPXサイバーフォーミュラ(1)~(3)

新世紀GPXサイバーフォーミュラ DVD ALL ROUNDS COLLECTION~TV Period~新世紀GPXサイバーフォーミュラ DVD ALL ROUNDS COLLECTION~TV Period~
(2003/01/22)
金丸淳一三石琴乃

商品詳細を見る

懐かしい。
当時は学校から帰るといい時間帯にオンエアだったので見てました。
何が好きで見ていたのかなあ。
絵がかわいかったからという理由だった気がするけど、今見るとそうでもないのね。
あと、車と会話する、というところとか、胸元をハートに切りぬいたアスカの服装とか、ブリード加賀のイカしたヘアスタイル&三日月とか。
1話から見るとかオープニングに間に合うように帰るとか最終回まで絶対見るとかいうほどアニメッ子ではなかったので、ストーリー自体にあまり記憶がなく。

でも、同人アンソロジーは買ったことありました。
二次同人世界に入りたてのころだったかなあ。
グーハーでした。
まだグーハーでもえるシーンはないので、きっともうちょっと巻数を追わなきゃ?
今の段階じゃ、シューマッハ×ハヤトかな。
ブリード加賀とハヤトは、友達。
「おおふり」で言うところの、田島と三橋のような感覚だわ。
かわゆいかわゆい。

やっぱり、わたしはアッパーなアニメが好き。
単純で素直で頑張り屋な主人公の成長&友情物語が好きなんだなー。

2巻のマキさんのセリフ
 解決法は簡単です。
 クリアーできるまで練習すればいいんです。
 大事なことは、自分が納得できるかどうかです。


3巻のシューマッハのセリフ
 ハヤト、速く走るのはマシンだ。気持ちじゃないぞ。




それにしても、思ってたよりも絵が古い。
数年間の間で、アニメ絵のクオリティは格段にあがったんだなーとおもいました。





映画・DVD アニメ | 【2010-09-20(Mon) 18:41:50】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

銀河鉄道物語(2)(3)

銀河鉄道物語 Station.2 [DVD]銀河鉄道物語 Station.2 [DVD]
(2004/01/23)
矢薙直樹真田アサミ

商品詳細を見る

銀河鉄道物語 Station.3 [DVD]銀河鉄道物語 Station.3 [DVD]
(2004/01/23)
矢薙直樹真田アサミ

商品詳細を見る

★8/10

今、スペースファンタジーが好きなので、こういうアニメが面白くて仕方ありません。
松本零士さんは素晴らしいな。

ブルース×有紀学
バルジ×有紀学

で邪道読み。


映画・DVD アニメ | 【2010-02-25(Thu) 17:08:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

銀河鉄道物語

銀河鉄道物語 Station.1 [DVD]銀河鉄道物語 Station.1 [DVD]
(2003/12/21)
矢薙直樹真田アサミ

商品詳細を見る

★8/10

これ、面白いです。
字幕つきってのが、とても親切。
日本映画もアニメもすべて字幕はつけるべきだとおもいます。

内容は・・・ジャケットの通り(笑)

映画・DVD アニメ | 【2010-02-17(Wed) 23:44:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ONE PIECE film STRONG WORLD

見てきました。
0巻は、在庫不足だったので引換券をいただいてきました。
パンフレットも売り切れていて、あらためてワンピースの人気に気づきました。

ワンピースのアニメを見たのは、ほぼ初めてです。
夕方枠で放映されているころに少しだけ見たことあったけど、わりとスルーしてました。

で、今回の映画。
アニメって面白い。
スーツ姿のワンピース一味もたまりませんなあ。
アニメも見よ~。


映画・DVD アニメ | 【2009-12-17(Thu) 23:25:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

幕末機関説 いろはにほへと(1)



何かアニメが見たくて、ムーミンを借りたついでにこれもレンタ。
ムーミンとは違うジャンルがいいなーと思ったんですが、わりとおもしろかったです。

わたしの耳が悪いのかTVが悪いのか、声がボソボソとしか聞こえないし鬱屈したキャラクターばっかりだし。
けっこう苛立ちつのります。
字幕があればいいのに!

いろいろな意味で、日本語の映画でもアニメでも字幕あればいいと思うんだけどなー。

それはさておき、いままでの私の性質&経験上、たぶん最後まで見ることがないアニメだと思うけど、アニメに没頭できるほど時間があるときにまとめて見ようというくらいにはおもしろかったです。
その時がくるまで、記憶に残しておこうと思います。

映画・DVD アニメ | 【2009-07-20(Mon) 17:50:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

楽しいムーミン一家(2)



ほのぼのしたーい!
と思って、楽しいムーミン一家のアニメDVD2巻をレンタ。

ほへ~おもしろいな~。

数年前からうすうす感づいていたんですが、わたしは好きなアニメが少ないみたいです。
いわゆる子供向けのアニメと映画アニメ。
世界名作劇場とか、とんがり帽子のメモルとか。
セーラームーンとか、最近じゃプリキュア5とか。
映画アニメじゃ、ジブリや時かけ。
何時間もシリアスに耐えられる根性がないのかも。
千年女優やAKIRAも、連アニだったら最後まで楽しめなかったと思う。


そんな私にうってつけのムーミン。
リアルタイムで見たことないけど、子供の頃に見てても楽しめただろうなー。
テンポは速くないんだけど、退屈な場面がまったくない。
あんな単純な絵なのに、アホみたいに画面を見入ってムーミン谷に夢中になってしまいます。
文庫本も集めようかなーって思ってたりして。
DVDも欲しい。

色々と思い返せば、昔からムーミンが好きだったような気がしてきました。
学生時代に選んだメモ帳はムーミンだし(まだ残ってる)、ムーミンカフェに行きたい症状が出るし、そういえばいま使ってる手帳がムーミンだ(いま改めて気づきました)
そうか、私はムーミンが好きなのね。

やっと気づいた。




映画・DVD アニメ | 【2009-07-20(Mon) 17:34:31】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

巌窟王(2)(3)(4)


★7.7/10

たたみかけるように面白くなってきました。
気づいたら4巻まで一気に見ていた。
フランツは本当にアルベールが好きなんじゃなかろうか、と疑いたくなるような間がたくさん。
恋を厄介だというフランツに大注目。

そして私の好きなタイプのキャラ登場。
マ・ク・シ・ミ・リ・ア・ン!
力は強いが気は優しくて純情くん。
バランティーヌとくっついて欲しいなあ。

それにしても、アルベールに対する伯爵の誘惑の仕方は逸品ですな。
いやはや、まったくもう。

まとめて最後まで借りても良かったかもしれない・・・。




映画・DVD アニメ | 【2007-09-30(Sun) 16:13:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

岩窟王(1)

巌窟王 第1巻 巌窟王 第1巻
中田譲治、福山潤 他 (2005/02/25)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る

★7/10

噂にたがわぬムフフな内容でした。
ただ、慣れないうちは画面が見にくいし違和感を覚えるしで若干イライラ。
なんといっても、服のデザイン。
体が動いているのに服のデザインが動かないので、模様と体の線が反発しあって画面が不細工に見えるわ(体の中が空洞に見える)手抜きに見えるわ、フラストレーションがたまりまくりました。
新しいものに馴染めない古風な女です。
あ、誰ですか、それをいうなら頭の固い、だろうと言う人は!(笑)
それでもやっと慣れたのは2話目から。
テクスチャーを使うのも、幻想的な雰囲気も、望むところですが、人が動かしたら服の模様もそわせて欲しい。
それだけ、それだけなの、私の望みは・・・。
それにしてもムフフでした。





映画・DVD アニメ | 【2007-09-10(Mon) 16:51:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

東京魔人學園剣風帖 龍龍 (1)

東京魔人學園剣風帖 龍龍 第壱巻 (初回限定版) 東京魔人學園剣風帖 龍龍 第壱巻 (初回限定版)
下野紘、川鍋雅樹 他 (2007/05/25)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

★7/10

PSの東京魔人學園剣風帖が好きでした。
それで懐かしくなってアニメを借りてみた。
やっぱり絵が違うとイメージも微妙に違う。
コマキの髪型はショートがよかったし、醍醐と京一はあんなに華奢じゃないし、アオイももっと和風美人だったし、と挙げればキリがないけど、こればっかりは仕方ないか。
ゲームの絵が好きだったので(うまいとは思わないが味があったんだ)アニメよりも漫画になってくれれば良かったのにな。

とはいえ、東京魔人學園剣風帖のストーリーを結構忘れていたみたいで、改めて楽しめました。
コマキの一人称がボクだってことも忘れてたし。
ゲームではプレイヤーだった緋勇は、フードをかぶった居眠りっ子。
立派な受けになってるわ、京一とは公認のカップル(?)になってるわ。

東京魔人學園剣風帖は和風のイメージがあったんだけど、アニメでは中華色が増してる気がする。
それがなんだかな~。

と文句がたくさん出てしまうのは、PSのゲームを激しく愛していたせいなのよ。
アニメはけっこう面白かったし。
でもこれってゲームを知らない子も、理解できるのかなって疑問。
まあ、いっか。
2巻も借ります。
もうPSの東京魔人學園剣風帖も出来ないし、PS2も持ってないし(っていうかTVゲームはしない)、後はアニメくらいしか東京魔人學園剣風帖と会えないものね。
携帯ゲームでリメイクしてくんないかなあ。




映画・DVD アニメ | 【2007-09-10(Mon) 16:40:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

パプリカ

パプリカ  デラックス・ボックス(2枚組) パプリカ デラックス・ボックス(2枚組)
林原めぐみ、古谷徹 他 (2007/05/23)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

★7/10

何気に腐女子が喜ぶエピソード有り(笑)
一体どうゆーこと?
と何度も何度も見返す。
千年女優が大好きなので、こういう混乱した構成はけっこう好き。
見ていて本当に楽しい映画。
難しい設定内容ストーリーではあるけれど、実は小学生とかの方が違和感なくすっと理解していったりするのかもしれないと思ったりして。
やっぱり好きだよ、ここのアニメ。



映画・DVD アニメ | 【2007-09-10(Mon) 16:27:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

時をかける少女 2回目

レディースデイに2回目行ってきました。

新しく気づいた場面があったよ。
真琴と魔女おばさんが博物館で喋ってるシーンの合間に、「白梅ニ椿菊図」が飾られるはずの場所にいる人は……だネ!!
それに気づいた時ぶわあっと1回目見たときの展開がところどころ(オチ)がフラッシュバックしてきて、ジンと来た。
2回目見ると、やっぱり視点が少しずれるせいか、それともオチを知っているせいか、思わぬところで涙が出てきそうになるなあ。
ただの空のシーンだったり、魔女おばさんの「世界が終わろうとしていた時、どうしてこんな絵が描けたのかしらね……」のセリフだったり。
「白梅ニ椿菊図」を見る目も1回目に比べて変化した。

2回見てわかったこと。
1回目は、青春とかキュンとかに重点を置いて自分の学生時代を重ね合わせて真琴に感情移入してみていた。
2回目は、……に感情移入してみた。……が未来を見てきた目で今の世界を見る時の気もち。ラストの後、……はどうなったんだろう、過去を見た目で改めて見る未来の世界はどう見えたんだろう、何を思ったんだろう。
きっと、何度も何度も思い出すんだろうなあ。

テープだったら、見るたびに擦り切れてしまうけど、記憶は思い出すたびに鮮明になっていくんじゃないかな。
だから切なさが増すとか、とか詮無きことに思いをめぐらせてみる。

笑える部分はやっぱり笑えるんだな。
果穂が攻介の下敷きになるシーンや、「帰りま……せん!!」のカラオケシーンとかね。

1回目の時も思ったけど、ラストの場面で泣く真琴がふと「なんでだろ?」といって再び泣くところの「なんでだろ?」の部分がマーベラス!!
これが肝だ。泣くシーンの肝だと思った。言い方も可愛かった。
泣くテンションで「なんでだろ?」と言うんじゃなくて、ふと我にかえって「なんでだろ?」といわせたのが、真琴の整理できない感情を浮き彫りにしたようでよかったんだなあ。
なかなか思いつかないよね。泣いてる途中にふと我にかえってっていうのは。
これがプロか~と感嘆するとともに途方にくれてしまったよ。

絵コンテ買うし、劇場で2回見るからDVDは買わないでもいいかなあとも考えていたんだけど、声やセリフ回し(言い方?発音?テンション?)と音楽、そしてテンポに雲が良かったので、やっぱりDVDも買うことにしました。


そうそう、見終わった後、後ろの席の女の子二人が「ヤバイヤバイ、見て良かった~」と、1回目私が見たときに友達に言った言葉そのままを呟きあっていたなあ。
振り返って一緒に「ヤバイよ、ヤバイよねー」と手を取り合ってぴょんぴょん飛びたかったわ(笑)
そして、劇場を出た後、沈黙して歩いていた別の女の子二人組みが肘でつつきあいながら「何黙ってんのよ」と言い合ってた。
これは多分、つまらなくて沈黙したんじゃなく、それぞれ余韻に浸っていたんだと推測する。
その気もち、わかりますから!
いい作品を見ると、言葉が出ないよねえ。

もちろん、帰り道では、奥華子の「ガーネット」「変わらないもの」をエンドレスリピートで聴きながら。
その道中、自分が歩きながら見る交差点やビルの隅にいる真琴や千昭、攻介を想像しながら。
危ない人と思われそうだけど、想像や妄想はそれこそ何の枷もない自由なものだからいいの(笑)

音楽を聴きながら歩くと、見えない想像が見えるんだよ。
まるで、映像にあるように、自分が幽体離脱をしたように、想像の産物が動いているという。
楽しいです。夜がお薦め。昼や朝は光が強すぎて、想像の影が弱くなる(笑)



映画・DVD アニメ | 【2006-08-16(Wed) 13:44:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

時をかける少女

面白かった。
全てがよかった。
絵も声もセリフも雰囲気も間も何もかもがよかった。
高校時代を思い出した。
夏でよかった。
ずっと見続けていたい。
夏に見られてよかった。
何かしなきゃと思った。
動かなきゃと思った。
明るい主人公っていいもんだと思った。
今風な感じが出ててよかった。
高校の放課後の静かでざわついた雰囲気がとてもよく出ていた。
これだと思った。
見ている最中に、手が動きたくてたまらなくなった。
書きたい、描きたい、表現したい。
表現したくてたまらない。この気もちを何かにあらわしたくてたまらない。
むずむずむずむずする。
今年の一番に違いない。

どうしてアニメにしたのか。
実写じゃダメだったのか。
私は実写じゃダメだった。
真琴は真琴であり、千昭は千昭であり攻介は攻介である。
俳優を使ったら、その人なりの真琴になり千昭になり攻介になる。
そんな俳優自身の工夫や背景はいらない。監督が考える以上にいいものにしようとか、原作以上にいいものをつくろうとか、違った表現をしようとか、いらない。
アニメはそれがない。それが表にでない。だからよかった。
真琴はそれ以下でもそれ以上でもない。成長もしない。それがいい。
千昭も、攻介もしかり。
成長しないのが、それ以上にならないのが、アニメのメリットだと思う。
だから、パンフレットに、声をあてた人の写真や履歴がのっててがっかり。というより、見ない。
そういうものははっきりいっていらないんだ。
ぶちゃけ、ぜんぶ覆面でいいじゃないか、と思う。
真琴は真琴の声である。
真琴は真琴の仕草であり、真琴の容姿であり、それが全てで、真琴が成長せずに、ロングヘアになったり、何かを悟ったり、人間的に成長したりしない、この映画の時間だけの真琴だけが存在するから、真琴が好きになった。
千昭も、攻介も、その他のキャラクターもそうだ。
ずいぶん、排他的な、もしくは退廃的な考え方をするものだなと、自分を知った。
でも、きっと、私が小説や絵が好きで、それに繋がるメディア拡大を嫌う根本的な理由が、それにあったんじゃないかと思う。
成長するものを嫌う。そんな考えが自分の中にあっていい。
それ以上になるものを嫌う。
人に言うと心配されそうな考え方だと思うが、それを否定するのは自分を狭めるおそれがある。
つまり、作品をつくる上で、広がりがなくなるかもしれないから、この気持ちは忘れないようにストックしておこう。
そうか、声優にころばない理由は案外そこにあるのかもしれないな。
キャラありきの考え方なんだな。
それに付属する肩書きが全て邪魔なんだな。
わたしが、作品をつくるときは、できるかぎりの沈黙を貫こう。
わたしはわたしの世界を創り、そこで完結させる。
それは、完全なもので、誰の考えも、一滴も入れてはならない世界。
忠告もアドヴァイスも受けていない、全てがわたしの世界。
だから、だれかの目に触れたとき、それを読んだ人の世界があるように、わたしの固執する世界と同じくらいだれかの世界を大切にするべきだ。
わたしの世界がそれ以上のものにする気がない。つまり、誰かの世界をよりよくしてやろうとアドヴァイスをする行為は傲慢である。
私の完全な世界、そしてアドヴァイスを受けて親しみやすくなった世界。
後者は確かに必要である。しかし、私の完全な世界を壊すことは、誰にもさせない。
壊すくらいなら、それをベースにした、新たなアドヴァイスを受けた世界を作る方がいい。

と、ちょっと冷静になりまして。

今年のナンバー1の映画になりそうな予感。
いやいや、それ以上に、自分の映画歴の中で、5本の指に確実に入ります。
夏ってなんだか特別。
学生時代ってなんだか特別。

自分の気持ちを表したくないくらい、この映画が好きです。
どうして、表したくないかというと、文字を綴った時点で、描いた時点で、この映画を見たときの気もちが別のものとなって昇華してしまいそうなのですよ。
ああ、この気もちわかって・・・・・・(笑)

DVD買います。できれば一ヶ月以内に発売して欲しい(無理)
夏の間に発売して欲しい・・・・・・。

『少女』という題名に食指がまったく湧かず、むしろ避ける傾向にある単語なのですが(少年という言葉には反応するくせに)、思ってたような内容じゃなくて本当に面白かった。
思ってた内容というのは、「どうせ三角関係だろ」とか「女性視点なら、もてもてで困っちゃう状態で、男性視点なら、魅力的かつ都合よい女主人公なんだろ」といったひねくれた想像をしていたのですが、全く!!全くそんなことはなく。
ああ、爽やか。嗚呼嗚呼爽やか!!
夏だよ。野球だよ。自転車だよ。坂道だよ。入道雲だよ。プリンだよ。プールだよ。落書きだよ。放課後だよ。二人乗りだよ。嗚呼嗚呼!!

真琴に妹がいて、そのやりとりも面白かった。
プリン食べちゃった、の妹がモロ私ですな、という(笑)
うちの場合はコーヒーゼリーですが。

エンディングの歌でもジーンと。
むしろ、今、公式サイトの予告を見て、エンディングの歌を聴いて、思わず涙が……。
劇場でも涙は出なかったのに、おかしいなあ。
なんかね、自分の記憶のように、懐かしく切なく残る映画でした。
思い出せば思い出すほど面白い。
きっと、この映画を見た人で、あとからジワジワジワジワと込み上げてきたという人も少なくないんじゃないかと思います。

女の子のキュンする部分もちゃんとあって。
思いました。特別な言葉なんていらないんだなあって。
私の中でこの映画は名言がけっこうあったんですが、そのどれもが「素晴らしい言葉」じゃないんですよね。
普通に日常でポロリと聞き過ごしそうなほど当たり前な言葉ばかり。
なんか、セリフの一言一言が心に刻まれているのに、どれもが普通の会話の中のセリフというのに驚きました。

なんか、気づいた。

あさのあつこのバッテリーも実写の映画化らしいですが、ちょっとこのスタッフでアニメ化して欲しいなあとか、じゃなきゃ、森絵都のDIVEをアニメ化してほしいなあとか。

ぶっちゃけ二次創作したいんですけど(笑)
真琴と千昭を二次創作の中でだけでもくっつけたいとか思ったりするんだけど、ちょっと今のところ愛が強すぎて二次創作れないです。
お願い、誰が二次創作って。
絵で見たい(希望を言うな)
エロ禁止(笑)

自分のキャラが変わりそうなくらいな勢いではまります。



映画・DVD アニメ | 【2006-08-11(Fri) 13:45:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

コープス・ブライド

ティム・バートンのコープスブライド 特別版 ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ダニー・エルフマン (2006/03/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


特別ジョニデファンってわけじゃないので吹き替えです。
最近は年のせいか映画を吹き替えで見るようになりました。
字を読むと映像がおっつかない。
内容はわかるんだけど、画面構成ってゆーか画面の空間を感じることが出来なくなっちゃうのね。
ぶ・・・ぶきようですから・・・。

そして思い出しました。
ナイトメアと同様、ミュージカルになってます。
面白いー、やっぱり面白いー!!
それにしても、ビクターが戦場のピアニストのエイドリアン・ブロンディに見えて仕方なかった。
や、エイドリアンは大好きなので、相乗効果でビクターも大好きになっちゃったけど。
内容はビクトリアとエミリーのどっちを選ぶ?ってな感じのストーリー(笑)
わたしはビクトリアも大好きだけど(見かけによらず行動力あるんだ)エミリーとくっついて欲しかったな。
でも、ビクターの優柔不断さが気になったけど、庇護欲もそそるかな。
どっちにくっついたとしても尻にひかれるタイプだ。

見て損はないです。
映画館で見ていてエンドの時に後ろの席に人か「え、おわり!?」と声に出していたのが気になりました(笑)
ビックリしたのね。
でも、本当に「もう終わり?」って感じ。
エンドロールの後、その後みたいな感じでチョットだけエピローグが入るかな~と期待して、最後まで席を立たなかったんだけど、それもなかった・・・。
えー、あって欲しかったよー。

面白いです。
そして、コープスのフィギュアが可愛いです。
かなり良い出来。
高いんだけどねぇ、欲しいな~。

クレイアニメ ★★★★★★★★★☆ 深読み指数0

映画・DVD アニメ | 【2005-10-28(Fri) 12:35:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

東京ゴッドファーザー

東京ゴッドファーザーズ 東京ゴッドファーザーズ
今敏、 他 (2004/04/28)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


先日ワウワウでやってて、ビデオにとってた今敏アニメの「東京ゴッドファーザー」をやっとこ見ました。

なーるーほーどー。
面白いですな。

・・・。
・・・・・・。

感想を書こうと思ったのですが、正直、何を書けばいいのかわからないです。
アニメである意義とか云々とか。
ううん、ううううん。
いつも、アニメはアニメ、リアルはリアルで差別化をはかってレビューを書いていたので、これほどその境目のあいまいな、というよりアニメやリアルとかどうでもいいアニメもないってゆーか。

まんま、俳優さんたちで邦画にしちゃっても雰囲気も内容も変わることがないだろう内容ってゆーか、某雑誌に「普段、アニメを見ない人にぜひオススメ!」とか書いてあって「そうだね」という感想しか出ないってゆうか。

ここまで、あーたらこーたらじめじめぐずぐずとした評価しかできないのは、面白くないってわけじゃなくてですね。
それを言うなら、ものすっごい面白かったのですが。

好きな部分は、オープニングロールのところです。
こりゃ一本とられた!
って感じで、悔しさまで出てきました。
すっごいカッコいいんですよ。
ここまで面白く興味深くみせるオープニングロールはあまりないと思います。
そこからもセンスのよさを感じます。

あとは、やっぱアニメ映画特有の細かい表情のリズムというかテンポの良さ。
飽きさせず、面白くてたまらんです。

内容も、センスのあるご都合主義でグー。

全体的にオシャレで、人情味もあって、やさしくてさわやかで、たまに切なくて、笑えて、辛くて痛いけど、スッキリするノドごしっていうか。
クセがないです。
ソツがない感じで。

特にアニメ好きってわけじゃない子から「何かいいアニメある」と聞かれたらこれを熱く語りながらオススメするけれど、アニメ好きの子から、同様のことを聞かれたら、別のものを勧めるかな~みたいな感じで。


個人的シュミでいえば、荒削りで矛盾があるけど、個性や癖があったりとか、1シーンだけなのに、思いっきりひきつけられるようなアンバランスな作品とかが好きだったりするので、心惹かれる感じはなかったです。

とはいいつつ、「おもしろーい」とつぶやきながら見てましたけど。

アニメ ★★★★★★★★☆☆ 深読み指数2

映画・DVD アニメ | 【2005-06-19(Sun) 12:29:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

AKIRA

AKIRA DTS sound edition AKIRA DTS sound edition
大友克洋、 他 (2002/12/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


食わず嫌いのAKIRAをついに見ました。
まずは最初にお詫びをば。
本当に申し訳ありませんでしたっ!

さらに・・・
よくぞ見てくれた、私よ!!

つまり、面白くて仕方なかったです。
やっぱ、見もしないのに『ちょっとねぇ・・・』なんて言ってはいかんかったですね。
まぁ、うちの姉には薦められないくらいには気持ち悪かった場面も数箇所ありますが。

私が面白いというからには要素は必須なんですが、ありましたね。
金田×鉄雄ダヨネ。
私は好きなキャラは受属性なので、鉄雄は単品で見ても受。
あーゆーキャラに弱々です。へにゃへにゃのヨレヨレになっちゃうですよ。
髪型からしてツボつかれました。なんだ、あのデコッパチ。かわいいじゃんか。
イエイエ、外見だけじゃなく内面も惹かれまくり。
無口な子で心が煮えたぎってる子or喋りまくりの浮かれまくりで心の無口な子にいつも心を揺さぶられるのですよ。
今回は前者で。無口かどうか知らないけどさ。まぁイメージだわね。
というより、いまさらAKIRAについて語るのも恥ずかしいですか?
でも、今見たからこそ面白さがわかるってこともあるんです。ええ。多分。
ちなみに見ながらツーと泣きました。
年々涙もろくなってきてるせいじゃないですよ(それもあるが)
色んなことが心にしみてくるのよ。
でも、最後の展開にチョッピリ置いてかれました。ヤッパリというべきか・・・。
鉄雄の行方は置いとくとして、ケンって誰?ケンって何?
宇宙が生まれたって何?
まーいいや。そこらへんは調べてみよう。
あれぐらい有名だから考察サイトとかあるだろうし。

本当に面白かったですよ。
こうね、芸が細かいなぁ~とか思う部分も多々あり。
全画面をしっかり見たくて、何度か巻き戻したり。
こりゃDVD買うに値する価値だと思いました。
フィギュア欲しいなぁ・・・。

アニメ 近未来 ★★★★★★★★★★ 深読み指数9

映画・DVD アニメ | 【2005-02-02(Wed) 12:27:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ハウルの動く城

ハウルの動く城 特別収録版 1/24second付き ハウルの動く城 特別収録版 1/24second付き
(2005/11/16)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る


ネタバレしてると思うので映画を見てから読んでくださいネ。
高評価ですが、全部を褒めちぎってるわけじゃないので。

もうだめ。
すごい好き。
ハウルがすごいカッコイイですヨ。

実はキムタクギライなんです。
なので、ハウルの声がキムタクって知った時は心底ガッカリしました。
人気ある人の声を使うということは、俳優目当てで見る人が増えるぶん、キライな人も多くなるわけで逆にデメリットも大きくなると思うのヨネ。
むしろ、キムタクはどっちかというと大衆受けする俳優さん(アイドル)だから、ヒネクレ者の多いアニメ好き及びオタクにとっちゃ鬼門かな、と思うのですヨ。
ってゆーか、ヒネクレ者とは自分のことなんだけども(笑)
それを踏まえてキムタクを使ったジブリは『攻』なんだなぁと思いました。
でも、キムタクの声を聞くまでは『ジブリも世間にコビをうるようになったか』と思っていたんだけどサ。
というわけで、キムタクの声っていうのが全然わからなくて、ものすごい澄んだハウルの声になってました。グー。
後ろの席の子が『もろキムタクの声だったね』と言ってたので、分かる人にはわかるかもしれないけど。

前々から気になってたことなんですが、宮崎駿はフェミニストな紳士だと思うのですヨ。
もしくは、それに憧れる人。
宮崎駿の描く男子は背筋が伸び凛とした、それでいて女の子には優しくて心の隙間にサラっと入ってくる爽やかさ、そして嫌味にならない頑固さとひたむきさ行動力。オプションで繊細さもついてくる。
毎回、宮崎駿のアニメの男の子にはまいっちゃってますヨ。
わたしの中で男の子に対する永遠の理想像だと思います(笑)
しぐさもカッコイイ。
今回も例に漏れず、ハウルにまいっちゃってます。
っていうよりも、ポスターを見た時点で『ヤバイ』と思いましたから。

今まで以上に『愛』がテーマらしいですネ。
もうちょっときめ細かい愛までの道のりを期待してたのですが、これに関しては残念でした。
唐突にソフィが『愛してる』と言うんですヨネ。
いえ、彼女は感極まって必死に言うんだけど、愛にいくまでの組み立て方がちとマズイかな、なんて。
それならば、むしろ『愛してる』という言葉の代わりに『ハウルー!』と名前を呼ばせた方が、濃密な愛が見えると思うのよネ。
じゃないと、『愛してる』の言葉とテーマが貧弱に見えそ。
逆に、「もののけ姫」や「千と千尋~」むしろ「ナウシカ」の方が胸にギュンッとくるトキメキがあったかも。

そして、心理変化によって老人に変えられたソフィーが若くなったり年老いたり。
こりゃ、内面的な世界だなぁ~と思いました。
ソフィの世界を思い出しちゃったヨ(名前が名前だしさ)
原作有だから、ここでガタガタ言うような問題じゃないんだろうけど(読んだ事ないし)ソフィがおばあさんになったとたんに、おばあさんらしい心になったのがチョット嫌。
しぐさが少女らしくてカワイイんだけど、行動が世間を達観したおばあさん。
あらすじ読むと、若いのに老成していると書かれていたけど、魔法にかかる前のソフィを見ても、老成しているようには見えなかったヨ。
そのせいか、魔法にかかったソフィのおばあさんらしい行動(腰が曲がる云々じゃなく)がイキナリに見えたのかもですネ。
でも、おばあになったとたんに言葉遣いまでかわるのはヤッパリチョットネ。
おばあのままで「わたし~だわっ!」とか言って欲しかった。
シャガレ声とヨボヨボの体に快活なシャベリ言葉に若くカワイイしぐさ(これは良かったけど)のギャップを楽しみたかったなぁ。
そしておばあさんのまんまのソフィとハウルのラブシーンのパターンも見たかったなぁ。
それこそ愛だろう、みたいな(笑)
で、おばあソフィとハウルのラブシーンの途中からハウルの目にはソフィが若く見える、みたいな(笑)
どうよ、これ。
自分で作れよ、って感じだわね、私。
ハウルが帰ってきて、若いソフィーが寝ているのを見るシーンとか好きだなぁ。
なんか、ほんわかとしちゃうですよ。
疲れて帰って、好きな人の寝顔を見て癒される。
企業戦士(サラリーマン)そのもののようなハウルがおかしいです。がんばれ。

かわいい(←強調)マルクルの元名はマイケルらしいですネ。
宮崎駿が語感がマルクルの方が良くて改名したらしいです。
ブラボー宮崎!
よくぞ、改名してくれた。マイケルって名前は、メジャーなだけにすごいイメージが強いのよね。
多分、それぞれにマイケル像のようなものがあるんじゃないかしら(わたしはある)
だから、マルクルがマイケルだったら、ちょっとげんなりしてたかも。
はぁ、も~マルクルかわいいマルクルかわいいマルクルかわいい。

最後にもうひとつケチをつけるなら、星の流れるデジタルシーン。
そして、家が揺れるデジタルシーン。あと、海のシーン(これはデジタルか不明だけどさ)
悪いけど、すごい萎えちゃったですヨ。
ジブリは『攻』だ。それは分かるけど、萎えちゃった。
ラピュタで見た石が光るシーン。光る苔のシーン(ラピュタだったかな?記憶があやふや)の方が輝いて見えたかな。
なんてゆーか、輝いてるから輝かせれば輝いて見えるかというとそうではなくて、輝いてるものを輝いて見えるように作るから輝いて見えるんじゃなかろうか、と思うわけです。
それと同じにぶれて見える家内部をデジタルで本当にぶれさせても魅力がないわけで、ぶれて見えるように描くことによってぶれて見えるだけのシーンが魅力的になるんじゃないかな~と。
これが、イノセンスだったら全く気にならなかったはずと思うのですが。
あまりにもデジタルデジタルしてるものをジブリには求めてないせいだけど。ホント好き勝手言ってます(笑)

そういえば、ふと思ったのが、ソフィとハウルって、千と千尋のかおなしと千尋の恋っぽいな~と思っちゃったりして。
ハウルってかおなしに似てる気がするのは気のせいかしら(気のせいだろう)

イチバン萌えたのは、ハウルが驚いてバスルームからタオル一枚で出てくるシーン。ハウルのお尻がかわいい。
で、ハウルが溶けていくシーン。
マルクルの『ハウルさんが失恋しちゃった時』のくだりの台詞が大好き。
ハウルの失恋話も見たいな~(笑)で、マルクルに慰めてもらったのよね!ええ、きっと。
もーハウルかわいー。ベッドで寝てるシーンもかわいー。

そういえば、序盤のシーンでソフィがナンパされてるシーンも好きです。
ナンパしてる人がカッコイイ!わたしだったらついていくよ。つまり、ソフィがわたしだったらハウルと会えないわけなんだけども(笑)

あ~、好きなシーンがありすぎてもう一度見たい。
絵は今までの中でイチバンすきかもしれない。
かわいいんだもんさ。

もうスペースがないですね。ではまとめて。
美輪明弘「荒地の魔女」最高。
カブ最高。
カルシファー・・・カルシファーねぇ・・・。声がねぇ。
最初はうわぁ~と思ったデスよ。カルシファー自体の絵に対しても。
でも、あれがなくなると寂しくなるのかもしれないかもしれない(まだ悩み中)

カルシファーはグッズがかなり欲しくなりました。
あのカルシファーライトが欲しい。
かなり欲しい。
今回はグッズが欲しいかな。
ハウルのピンバッチ買いそうになっちゃったですよ(今も欲しいけど)
ハウルとマルクルとカルシファーと城の何かが欲しい。

まぁ、色々好き勝手言ってますが、かなり好きです。
9割の文句に1割の褒め言葉で恐縮ですが(嫌な性格だ)星に直すなら4つ星半!
DVD買いますからっ!


二回目


再び見てきました~。
冬休みに入った人もいるらしく(それとも2回目の上映時間に行ったからか)お子様もそれなりに場内満員状態でした。
一人でいったのにも関わらず、真ん中の席を陣取るワタシ。

やっぱ、1回目と感じ方が違ったですヨ。
全体的に余裕をもって見られたからでしょうか。
デジタルデジタルしててヤダ~と思ったのが気にならなくなりました。
それでも、部屋内がゆれるシーンはいただけないけど。
カルシファーの顔(なのか?)も声も平気。
慣れってコワイ。

でも相変わらず、ソフィにナンパしてきたお兄さんはカッコイイな~ついていくよな~と思いましたですよ?
2回目で一番気になったのは、ソフィのお母さんがソフィの名前を呼ぶトコロ。
「ソッフィ~(上がり調子)」
と聞こえてならんのですが(笑)
なんでそんなに発音がいいんだ、おかあさん。
ものすごく聞き心地がよかったザンス。
ハウルはやっぱりカワイイです。
でも、カルシファーの契約がとけた後のハウルときたら、なんてオーラのない人なの!
まるで、通行人その一みたいになっちゃって・・・。
そんなんだから、王子にラストを持ってかれるのよッ(涙)
ラストのハウルとソフィが二人でキスするシーンなんて、めちゃめちゃ素朴すぎて泣けてきます。
そうそう、王子の魔法がとけて、王子がソフィに告白する場面とか、ソフィさんナチュラルに無視してますがな。
どうやら、ソフィさんはカブのままの方がお好みだったようです。
王子、あわれ。
そして、1回目に増して愛おしさを感じたマルクルちゃん。
かわええのぅかわええのぅ。
序盤の久々の豪華な朝ごはんを食べる時に、ソフィがテーブルたたいて怒鳴るシーンにも、マルクルちゃんはお皿を持って逃げてるよ。
どうやら食い意地がはってるらしい。

そんなこんなで、2回目も充実したハウルでした。
それにしても、ハウルの動く城と言うときに、いつもハウルの城と言ってしまうんだけど。いい間違えるたびに動かなくていいのか、と自分ツッコミをしてしまふ。

ジブリアニメ ★★★★★★★☆☆☆ 深読み指数1



映画・DVD アニメ | 【2004-12-03(Fri) 12:24:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

リロアンドスティッチ

リロ&スティッチ リロ&スティッチ
郷里・大輔、飯塚・昭三 他 (2003/08/22)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る


朝、テレビでやってたのを偶然みて、面白かったのでビデオで借りて見ました。
いまの所ディズニー映画の中で一番すきかもしれない。
まず、絵がすごい好きなんですわ。
そして音楽もハワイアンでいい感じな上にストーリーも笑えて泣けて可愛くて変!

ディズニー映画はダイスキなんだけど、すっごい調子のいい時じゃないと「ケッ、所詮えらばれた人間だけなのさっ」とinに入っちゃうときも無きにしもあらず。
でも、リロ(以下略)は悪人が出てこないし、心から楽しめる。
DVD欲しいな~。

絵はディズニーの中でダントツで好きです。
今更だけどオススメ品☆

ディズニーアニメ ★★★★★★★★★★ 深読み指数0


映画・DVD アニメ | 【2004-08-19(Thu) 12:07:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。