FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

有川浩 図書館戦争(図書館戦争シリーズ1)



【大好き】
再読

以前「ハッ!」と思った部分と違うところに「ハッ!」となった。


訊かなきゃ訓練の意義を見出せない時点で意識が低いんだよ

この言葉は、確かにそうなんだよね。
与えられたミッションの意味を聞くことは簡単だし確実ではあるけれど、自分で考えて自分なりの答えをだして取り組むこともレベルアップする一つの土台になるんだよね。
だけど、学生時代はこういうことに気づかないから、「なんでこんなことしなきゃならないんだろう。何の役に立つんだろう」ばかりにとらわれて勉強もあまりしなかった。
疑問を持つだけじゃなく、自分なりの答えも見つけてたら、もっとちゃんと勉強してたのになあ。
と、今だから思うのだ。

何を言われても当然ってのと何を言っても当然ってのは違うのよ!

本当にそう思う。
そう思うことはたびたびあった。


メディア作品が犯罪を助長するってんなら、男は老いも若きも総犯罪者予備軍よ。AVにしろエロ本にしろ調教だの凌辱だの性犯罪願望のオンパレードじゃないの。メディア真似して犯罪が起こるってんならまず真っ先に女性に銃の携行許可が下りるべきだわ


柴崎、たしかにぶっちゃけすぎだけど、言いたいことはわかる。

結局のところ何かのせいにして落ち着きたいのよね、こういうのって。犯人はあの本のせいで歪んだ、この映画に影響されて犯行に及んだって。理由付けして原因を取り除いたら子供を監督する側は安心できるってしくみね。気持ちはわからないでもないけど、」
読書嫌いでもないのに親や学校の勧める優良図書しか読んだことない奴なんかイイ子すぎて逆に怖いけどね。


現実味をおびてきた話。
自分の子供を教育できないことを棚に上げて、メディアをあーだこーだいうのはどうだろうか。
世の中にはいろんな世界がある。
いろんな空想の世界がある。
その事実を”ない”ことにするのではなく、”今は見てはならないもの”けれど”ある”ものとして認識しなければならない。
知らないことで無知が生まれ、差別ができる。
受け入れられないから排除するのは、違う気がする。
裸の王様でないか。



スポンサーサイト


一般小説 ア行 有川浩 | 【2011-09-20(Tue) 13:00:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 11月の読書家 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。